Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
A urine interception structure and Replacement possible paper
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6359792
Kind Code:
B1
Abstract:
洋式トイレの前方の「尿による汚れ」を防止し、尿で濡れて汚れた場合には、簡便に該汚れを取り除くことができる尿遮断構造体を提供することを課題とし、本発明では、洋式トイレの便器本体11の前方の上面11aと、「便器本体11の上方に位置する便座12」の前方の下面12aとの隙間13を塞ぐ尿遮断構造体21であって、該尿遮断構造体21は、構造体本体22と貼換可能紙23を有し、該便座の前方の下面12aに、尿を遮断するように設けられるものであり、該構造体本体22は、弓形に曲がっていてもよい略棒状をしており、該貼換可能紙23は、該構造体本体22の手前側の側面Bに、貼り換えが可能なように貼り付けられていることを特徴とする尿遮断構造体21、該尿遮断構造体用であることを特徴とする貼換可能紙23、該尿遮断構造体21が設けられている便座12、及び、該尿遮断構造体を具備する便器本体11によって上記課題を解決した。

Inventors:
多田 恒男
Application Number:
JP2018514931A
Publication Date:
July 18, 2018
Filing Date:
February 16, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ライフ印刷株式会社
International Classes:
A47K13/30; E03D9/00
Domestic Patent References:
JP3160605U2010-07-01
JP2015213646A2015-12-03
JP2008229301A2008-10-02
JP2003334149A2003-11-25
JP3160605U2010-07-01
JP2015213646A2015-12-03
JP2008229301A2008-10-02
JP2003334149A2003-11-25
Foreign References:
US20060260031A12006-11-23
US20130219604A12013-08-29
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人たかはし国際特許事務所