Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
APPLICATION DEVELOPMENT SUPPORT DEVICE, PROGRAM AND RECORDING MEDIUM
Document Type and Number:
WIPO Patent Application WO/2009/116163
Kind Code:
A1
Abstract:
Development of an application program having a user interface (UI) capable of applying a processing parameter handed to a web service when calling up a UI screen via a link is realized without a coding operation. A platform program is structured to acquire the processing parameter and store (120) in a corresponding storage region when the UI screen is called up from the link in which link information with the processing parameter is embedded. The web service is booted (122) using the processing parameter in the storage region as an attribute by a call-up program added in advance to an unconditional bootup button provided in the UI screen by a developer. In addition, the called-up UI screen is generated and distributed (126) after an output variable of the web service is stored (124) in the corresponding storage region.

Inventors:
HATTORI TAKAHISA (JP)
CHINUKI MOTONARI (JP)
TAKEUCHI TATSUKI (JP)
Application Number:
JP2008/055248
Publication Date:
September 24, 2009
Filing Date:
March 21, 2008
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
BANK OF TOKYO MITSUBISHI UFJ (JP)
HATTORI TAKAHISA (JP)
CHINUKI MOTONARI (JP)
TAKEUCHI TATSUKI (JP)
International Classes:
G06F9/44
Foreign References:
JP2005092522A2005-04-07
Other References:
TATSUYA SUGI: "Fusion Middleware Tettei Kaibo EJB3.0/JPA Taio de Senko shita Oracle no Java Kaihatsu/Jikko Kiban ADF de Seisan Koritsu mo Hiyakuteki ni Kojo", MIDDLEWARE MAGAZINE, vol. 16, no. 9, 1 December 2006 (2006-12-01), pages 93 - 97, XP008142263
FUMITAKA OSAWA: "JSF no Jitsuryoku Kaihatsu Style wa Wakariyasui ga Jitsuyo Application dewa Buhin Busoku", NIKKEI SYSTEM KOCHIKU, no. 143, 26 February 2005 (2005-02-26), pages 110, XP008144597
JEFF PROSISE: "ASP.NET Programming Drag & Drop o Kushi shite Kyoryoku na Web Application o Michibiku Web Form", MSDN MAGAZINE, no. 15, June 2001 (2001-06-01), pages 53
FUMITAKA OSAWA: "ASP.NET & JSF Kaitai Shinsho Nyuryoku Error-ji no Ugoki wa Kotonaru ASP.NET wa Property de Kakunin", NIKKEI SYSTEM KOCHIKU, vol. 146, 26 May 2005 (2005-05-26), pages 120, XP008142265
See also references of EP 2256624A4
None
Attorney, Agent or Firm:
NAKAJIMA, Jun et al. (JP)
Nakajima 淳 (JP)
Download PDF:
Claims:
 ユーザインタフェース画面の構成要素として使用可能な複数種のシンボルを表示画面に表示させると共に、開発者により、前記複数種のシンボルのうちの所望のシンボルを画面内の所望の位置に配置することでユーザインタフェース画面を設計する第1の操作が少なくとも行われることで構築対象のユーザインタフェースが規定されると、前記ユーザインタフェースを実現するための第1プログラムを生成する第1のツール、及び、所望のウェブサービスを提供する処理を規定するフローチャートが開発者によって作成されると、作成されたフローチャートが表す処理を実行するための第2プログラムを生成する第2のツールを用いて行われる、前記第1プログラム及び前記第2プログラムを含むアプリケーション・プログラムの開発を支援するアプリケーション開発支援装置であって、
 前記第1のツールに対して前記第1の操作が行われる前に、前記第2のツールを用いて生成された前記第2プログラムによって実行可能な処理における入力変数及び出力変数を各々定義する変数定義情報に基づき、前記変数定義情報に定義されている各変数の格納領域が各々設けられた変数格納領域を生成する変数格納領域生成手段と、
 前記第1のツールに対して前記第1の操作が行われる前に、前記ユーザインタフェース画面の構成要素として使用可能なシンボルとして、前記第2プログラムを呼び出して所定のウェブサービスを提供する処理を行わせるための起動シンボルを生成するシンボル生成手段と、
 稼働時に、前記シンボル生成手段によって生成された前記起動シンボルが配置されているユーザインターフェース画面が呼び出されるか、又は、ユーザインターフェース画面内に配置されている前記起動シンボルが選択された場合に、前記変数格納領域のうち、前記起動シンボルに対応する処理における入力変数に対応する変数の格納領域に格納されているデータを引数として、前記第2プログラムを起動させて前記対応する処理を実行させる起動・変数授受処理を行う第3プログラムを生成し、生成した第3プログラムを前記起動シンボルに付加するプログラム付加手段と、
 稼働時に、特定のユーザインタフェース画面のアドレス情報及び処理パラメータを含むリンク情報が埋め込まれたリンクが選択されることで、前記特定のユーザインタフェース画面が前記リンクから直接呼び出された場合に、前記リンクに埋め込まれた処理パラメータを取得し、前記取得した処理パラメータを前記変数格納領域内の対応する格納領域に格納させる格納手段と、
 を備えたアプリケーション開発支援装置。
 前記プログラム付加手段は、前記第3プログラムとして、ユーザインターフェース画面内に配置されている前記起動シンボルが選択された場合に前記起動・変数授受処理を行うプログラムを生成し、前記起動シンボルに付加すると共に、前記起動シンボルに対して無条件起動化が指示された場合に、前記起動シンボルに付加した前記第3プログラムを、前記起動シンボルが配置されているユーザインターフェース画面が呼び出されると前記起動・変数授受処理を無条件に行うプログラムへ変更する請求項1記載のアプリケーション開発支援装置。
 前記シンボル生成手段は、無条件起動化が指示された前記起動シンボルに対し、稼働時に、配置されたユーザインタフェース画面上で非可視表示されるように属性情報の変更設定を行う請求項2記載のアプリケーション開発支援装置。
 前記第1のツールは、開発者により、前記第1の操作に加えて、前記第1の操作によって設計したユーザインタフェース画面内に配置した個々の情報入力/表示欄を、変数格納領域内に格納領域が設けられている複数の変数のうち対応する変数の格納領域と各々関連付ける第2の操作、及び、設計した複数のユーザインタフェース画面の遷移を規定する第3の操作が行われることで構築対象のユーザインタフェースが規定されると、前記ユーザインタフェースを実現するための第1プログラムを生成するツールであり、
 前記変数格納領域生成手段は、前記第2のツールを用いて生成されたn種類の前記第2プログラムによって実行可能なm(m≧n)種類の処理における入力変数及び出力変数を各々定義する変数定義情報に基づき、前記変数格納領域として、前記変数定義情報に定義されている各変数の格納領域が各々設けられ、かつ前記変数定義情報に重複定義されている変数の格納領域が共通化された変数格納領域を生成し、
 前記シンボル生成手段は、前記起動シンボルとして、前記n種類の前記第2プログラムのうちの何れかを呼び出して前記m種類の処理のうちの互いに異なる処理を行わせるためのm種類の起動シンボルを各々生成し、
 前記プログラム付加手段は、前記第3プログラムとして、稼働時に、前記シンボル生成手段によって生成された特定の起動シンボルが配置されているユーザインターフェース画面が呼び出されるか、又は、ユーザインターフェース画面内に配置されている前記特定の起動シンボルが選択された場合に、前記変数格納領域内の各格納領域のうち、前記特定の起動シンボルに対応する処理における入力変数に対応する変数の格納領域に格納されているデータを引数として、前記n種類の前記第2プログラムのうち前記対応する処理を実行可能な特定の第2プログラムを起動させて前記対応する処理を実行させる処理に加えて、前記特定の第2プログラムによる前記対応する処理の実行が完了すると、前記特定の第2プログラムから引き渡された出力変数を、前記変数格納領域内の各格納領域のうち前記引き渡された出力変数に対応する変数の格納領域に格納する起動・変数授受処理を行うプログラムを生成し、生成した第3プログラムを前記特定の起動シンボルに付加することを、前記m種類の起動シンボルに対して各々行う請求項1記載のアプリケーション開発支援装置。
 前記第1プログラムは、前記第1プログラムを実行するためのプラットフォームとして機能するプラットフォーム・プログラムを実行しているコンピュータ上で実行され、当該コンピュータによる前記第1プログラムの実行時には、前記プラットフォーム・プログラムにより、表示画面内に表示されているユーザインタフェース画面内に配置され情報の入力が可能な特定の情報入力/表示欄内に新たに情報が入力された場合には、入力された情報を、前記変数格納領域内の各格納領域のうち前記特定の情報入力/表示欄と関連付けられた特定の格納領域にも格納し、前記変数格納領域内の特定の格納領域に新たに情報が格納された場合には、格納された情報を、表示画面内に表示されているユーザインタフェース画面内に配置され前記特定の格納領域と関連付けられかつ情報の表示が可能な特定の情報入力/表示欄内にも表示させる同期処理が行われる請求項1記載のアプリケーション開発支援装置。
 前記第1プログラムは、前記第1プログラムを実行するためのプラットフォームとして機能するプラットフォーム・プログラムを実行しているコンピュータ上で実行され、前記格納手段は前記プラットフォーム・プログラムによって実現される請求項1記載のアプリケーション開発支援装置。
 前記第1のツールは第1の規格に準拠したツールであり、前記第2のツールは、第2の規格に準拠し所望のウェブサービスを提供する処理を規定するフローチャートが開発者によって作成されると、作成されたフローチャートが表す処理を実行するための第2プログラムを生成するツールである請求項1記載のアプリケーション開発支援装置。
 前記第1の規格はJSFであり、前記第2の規格はBPELである請求項7記載のアプリケーション開発支援装置。
 コンピュータを、ユーザインタフェース画面の構成要素として使用可能な複数種のシンボルを表示画面に表示させると共に、開発者により、前記複数種のシンボルのうちの所望のシンボルを画面内の所望の位置に配置することでユーザインタフェース画面を設計する第1の操作が少なくとも行われることで構築対象のユーザインタフェースが規定されると、前記ユーザインタフェースを実現するための第1プログラムを生成する第1のツール、及び、所望のウェブサービスを提供する処理を規定するフローチャートが開発者によって作成されると、作成されたフローチャートが表す処理を実行するための第2プログラムを生成する第2のツールを用いて行われる、前記第1プログラム及び前記第2プログラムを含むアプリケーション・プログラムの開発を支援するアプリケーション開発支援装置として機能させるためのアプリケーション開発支援プログラムであって、
 少なくとも前記第1のツールが動作する第1コンピュータを、
 前記第1のツールに対して前記第1の操作が行われる前に、前記第2のツールを用いて生成された前記第2プログラムによって実行可能な処理における入力変数及び出力変数を各々定義する変数定義情報に基づき、前記変数定義情報に定義されている各変数の格納領域が各々設けられた変数格納領域を生成する変数格納領域生成手段、
 前記第1のツールに対して前記第1の操作が行われる前に、前記ユーザインタフェース画面の構成要素として使用可能なシンボルとして、前記第2プログラムを呼び出して所定のウェブサービスを提供する処理を行わせるための起動シンボルを生成するシンボル生成手段、
 及び、稼働時に、前記シンボル生成手段によって生成された前記起動シンボルが配置されているユーザインターフェース画面が呼び出されるか、又は、ユーザインターフェース画面内に配置されている前記起動シンボルが選択された場合に、前記変数格納領域のうち、前記起動シンボルに対応する処理における入力変数に対応する変数の格納領域に格納されているデータを引数として、前記第2プログラムを起動させて前記対応する処理を実行させる起動・変数授受処理を行う第3プログラムを生成し、生成した第3プログラムを前記起動シンボルに付加するプログラム付加手段として機能させると共に、
 少なくとも前記第1プログラムを実行する第2コンピュータを、
 稼働時に、特定のユーザインタフェース画面のアドレス情報及び処理パラメータを含むリンク情報が埋め込まれたリンクが選択されることで、前記特定のユーザインタフェース画面が前記リンクから直接呼び出された場合に、前記リンクに埋め込まれた処理パラメータを取得し、前記取得した処理パラメータを前記変数格納領域内の対応する格納領域に格納させる格納手段として機能させるアプリケーション開発支援プログラム。
 コンピュータを、ユーザインタフェース画面の構成要素として使用可能な複数種のシンボルを表示画面に表示させると共に、開発者により、前記複数種のシンボルのうちの所望のシンボルを画面内の所望の位置に配置することでユーザインタフェース画面を設計する第1の操作が少なくとも行われることで構築対象のユーザインタフェースが規定されると、前記ユーザインタフェースを実現するための第1プログラムを生成する第1のツール、及び、所望のウェブサービスを提供する処理を規定するフローチャートが開発者によって作成されると、作成されたフローチャートが表す処理を実行するための第2プログラムを生成する第2のツールを用いて行われる、前記第1プログラム及び前記第2プログラムを含むアプリケーション・プログラムの開発を支援するアプリケーション開発支援装置として機能させるためのアプリケーション開発支援プログラムが記録された記録媒体であって、
 前記アプリケーション開発支援プログラムは、
 少なくとも前記第1のツールが動作する第1コンピュータを、
 前記第1のツールに対して前記第1の操作が行われる前に、前記第2のツールを用いて生成された前記第2プログラムによって実行可能な処理における入力変数及び出力変数を各々定義する変数定義情報に基づき、前記変数定義情報に定義されている各変数の格納領域が各々設けられた変数格納領域を生成する変数格納領域生成手段、
 前記第1のツールに対して前記第1の操作が行われる前に、前記ユーザインタフェース画面の構成要素として使用可能なシンボルとして、前記第2プログラムを呼び出して所定のウェブサービスを提供する処理を行わせるための起動シンボルを生成するシンボル生成手段、
 及び、稼働時に、前記シンボル生成手段によって生成された前記起動シンボルが配置されているユーザインターフェース画面が呼び出されるか、又は、ユーザインターフェース画面内に配置されている前記起動シンボルが選択された場合に、前記変数格納領域のうち、前記起動シンボルに対応する処理における入力変数に対応する変数の格納領域に格納されているデータを引数として、前記第2プログラムを起動させて前記対応する処理を実行させる起動・変数授受処理を行う第3プログラムを生成し、生成した第3プログラムを前記起動シンボルに付加するプログラム付加手段として機能させると共に、
 少なくとも前記第1プログラムを実行する第2コンピュータを、
 稼働時に、特定のユーザインタフェース画面のアドレス情報及び処理パラメータを含むリンク情報が埋め込まれたリンクが選択されることで、前記特定のユーザインタフェース画面が前記リンクから直接呼び出された場合に、前記リンクに埋め込まれた処理パラメータを取得し、前記取得した処理パラメータを前記変数格納領域内の対応する格納領域に格納させる格納手段として機能させる記録媒体。
Description:
アプリケーション開発支援装置 プログラム及び記録媒体

 本発明はアプリケーション開発支援装置 プログラム及び記録媒体に係り、特に、複 種のツールを用いて行われるアプリケーシ ン・プログラムの開発を支援するアプリケ ション開発支援装置、コンピュータを前記 プリケーション開発支援装置として機能さ るためのアプリケーション開発支援プログ ム、及び、前記アプリケーション開発支援 ログラムが記録された記録媒体に関する。

 最近、ビジネスプロセスをワークフロー して記述可能な規格(言語)としてBPEL(Business Process Execution Language)が普及してきている。 BPELに関しては、互いに異なる処理に対応す 複数種の部品の中から所望の部品を選択し 組み合わせる操作を行うことで所望のワー フローを視覚的に記述可能で、かつ作成さ たワークフローからBPELに準拠したプログラ を自動的に生成可能なツールが用意されて り、当該ツールによって自動生成されたプ グラムをコンピュータによって実行させる 行環境も構築可能とされている。このため 上記ツールを利用することで、所望のウェ サービスを提供するワークフローをコンピ ータによって実現させるプログラムの開発 、プログラミング言語に関する知識が必要 コーディング作業を行うことなく容易かつ 時間で行うことができる。

 一方、ウェブアプリケーション向けのユ ザインタフェースを構築するための規格と てJSF(Java(登録商標) Server Faces) が知られて いる。このJSFに関しても、ユーザインタフェ ース画面の構成要素として使用可能な複数種 のシンボルの中から所望のシンボルを選択・ 配置する等の操作を行うことで、ユーザイン タフェース画面の設計やユーザインタフェー ス画面の遷移の定義等のユーザインタフェー スの構築が可能で、構築されたユーザインタ フェースを実現するプログラムを自動的に生 成可能なツールが用意されており、このツー ルを利用することで、所望のユーザインタフ ェースを実現するプログラムを、コーディン グ作業を行うことなく容易かつ短時間で得る ことができる。このため、ウェブアプリケー ションの開発にあたり、当該ウェブアプリケ ーションのうち、ユーザインタフェースの部 分のプログラムをJSFのツールを用いて自動生 成すると共に、ウェブサービスを提供する部 分のプログラムをBPELのツールを用いて自動 成するようにすれば、一切のコーディング 業が不要となることで開発期間の大幅な短 を実現できるものと期待される。

 しかしながら、JSFの規格は、JSFを用いて 動生成したプログラム(ユーザインタフェー スを実現するプログラム)をBPELを用いて自動 成したプログラム(ワークフローを実現する プログラム)と連動させることが考慮されて らず(他のプログラムを呼び出す処理が規格 して定義されていない)、一例として、リン ク(例えば任意の文書に貼り付けられたハイ ーリンクやインターネット・ショートカッ 等)が選択されることで直接呼び出され、特 のウェブサービスの実行結果を表示する特 のユーザインタフェース画面を含むユーザ ンタフェースを構築するためには、前記特 のウェブサービスを提供する特定プログラ を起動するプログラムをコーディング作業 よって別途作成し、前記特定のユーザイン フェース画面に付加する必要がある。従っ 、開発対象のウェブアプリケーションのう 、ユーザインタフェースの部分のプログラ をJSFのツールを用いて自動生成すると共に ウェブサービスを提供する部分のプログラ をBPELのツールを用いて自動生成したとして も、結局はコーディング作業が必要になるた めに開発期間を大幅に短縮することは困難で あった。

 上記に関連して特許文献1には、クライアン トとのインタフェースを行う第1の仮想マシ と、各種ビジネスオブジェクトを実行する 2の仮想マシンを有するアプリケーションサ バにおいて、ビジネスオブジェクトの処理 必要なデータの識別名を各ビジネスオブジ クト毎に格納しておき、第1の仮想マシンは 、クライアントに任意の画面を表示させて任 意のデータ入力を行わせ、フォームデータを 含むリクエストを受け取り、受け取ったリク エストに応じたビジネスオブジェクトを呼び 出す際に、呼び出すビジネスオブジェクトが 必要とする各データの識別名を取得し、フォ ームデータに含まれる各データのうち識別名 が前記取得した識別名と一致するデータのみ を第2の仮想マシンへ転送することで、第2の 想マシン側で必要なデータを抽出する処理 ためのコーディングを不要とする技術が開 されている。

特開2006-268121号公報

 ところで、ウェブサイトを構成する個々 ウェブページは、任意のウェブページのア レス情報を含むリンク情報が埋め込まれた ンクを選択することで、直接呼び出して表 させることも可能であり、リンクに埋め込 れたリンク情報にクエリストリング等の形 で情報を付加することで、リンク情報に付 した情報を呼び出したウェブページへ受け すことも可能である。このため、JSFのツー を用いてユーザインタフェースの部分のプ グラムを自動生成すると共に、BPELのツール を用いてウェブサービスを提供する部分のプ ログラムを自動生成し、両者を連携させるこ とで構築したウェブアプリケーションに対し ても、ウェブサービスへ引き渡す処理パラメ ータをリンク情報に付加しておくことで、前 記リンク情報が埋め込まれたリンクを選択す れば、特定のユーザインタフェース画面が呼 び出されると同時に処理パラメータがウェブ サービスへ自動的に引き渡され、引き渡され た処理パラメータに応じた処理がウェブサー ビスによって行われるようにしたい、という ニーズが存在している。

 これに対して特許文献1に記載の技術は、 上記のように、リンクが選択されることでユ ーザインタフェース画面が呼び出された際に 、リンク情報に付加された処理パラメータを 同時にウェブサービスへ引き渡すことについ ては考慮されていない。従って、特許文献1 記載の技術を適用したとしても、上記のよ なユーザインタフェースを構築する場合に コーディング作業を行う必要がある。プロ ラムの開発にあたって多少なりともコーデ ング作業が必要とされる場合、開発担当者 プログラミング言語に関する知識を有して る人に限られると共に、コーディング作業 作成したプログラムに対してはデバッグ作 も必要となるので、コーディング作業を省 できる場合と比較して開発期間が大幅に長 化するという問題がある。

 本発明は上記事実を考慮して成されたも で、リンク経由でユーザインタフェース画 を呼び出す際に、ウェブサービスへ引き渡 処理パラメータを与えることが可能なユー インタフェースを有するアプリケーション プログラムの開発を、コーディング作業を うことなく実現できるアプリケーション開 支援装置、アプリケーション開発支援プロ ラム及び記録媒体を得ることが目的である

 上記目的を達成するために請求項1記載の 発明に係るアプリケーション開発支援装置は 、ユーザインタフェース画面の構成要素とし て使用可能な複数種のシンボルを表示画面に 表示させると共に、開発者により、前記複数 種のシンボルのうちの所望のシンボルを画面 内の所望の位置に配置することでユーザイン タフェース画面を設計する第1の操作が少な とも行われることで構築対象のユーザイン フェースが規定されると、前記ユーザイン フェースを実現するための第1プログラムを 成する第1のツール、及び、所望のウェブサ ービスを提供する処理を規定するフローチャ ートが開発者によって作成されると、作成さ れたフローチャートが表す処理を実行するた めの第2プログラムを生成する第2のツールを いて行われる、前記第1プログラム及び前記 第2プログラムを含むアプリケーション・プ グラムの開発を支援するアプリケーション 発支援装置であって、前記第1のツールに対 て前記第1の操作が行われる前に、前記第2 ツールを用いて生成された前記第2プログラ によって実行可能な処理における入力変数 び出力変数を各々定義する変数定義情報に づき、前記変数定義情報に定義されている 変数の格納領域が各々設けられた変数格納 域を生成する変数格納領域生成手段と、前 第1のツールに対して前記第1の操作が行わ る前に、前記ユーザインタフェース画面の 成要素として使用可能なシンボルとして、 記第2プログラムを呼び出して所定のウェブ ービスを提供する処理を行わせるための起 シンボルを生成するシンボル生成手段と、 働時に、前記シンボル生成手段によって生 された前記起動シンボルが配置されている ーザインターフェース画面が呼び出される 、又は、ユーザインターフェース画面内に 置されている前記起動シンボルが選択され 場合に、前記変数格納領域のうち、前記起 シンボルに対応する処理における入力変数 対応する変数の格納領域に格納されている ータを引数として、前記第2プログラムを起 動させて前記対応する処理を実行させる起動 ・変数授受処理を行う第3プログラムを生成 、生成した第3プログラムを前記起動シンボ に付加するプログラム付加手段と、稼働時 、特定のユーザインタフェース画面のアド ス情報及び処理パラメータを含むリンク情 が埋め込まれたリンクが選択されることで 前記特定のユーザインタフェース画面が前 リンクから直接呼び出された場合に、前記 ンクに埋め込まれた処理パラメータを取得 、前記取得した処理パラメータを前記変数 納領域内の対応する格納領域に格納させる 納手段と、を備えている。

 請求項1記載の発明において、第1のツー は、ユーザインタフェース画面の構成要素 して使用可能な複数種のシンボルを表示画 に表示させると共に、開発者により、複数 のシンボルのうちの所望のシンボルを画面 の所望の位置に配置することでユーザイン フェース画面を設計する第1の操作が少なく も行われることで構築対象のユーザインタ ェースが規定されると、前記ユーザインタ ェースを実現するための第1プログラムを生 成する。なお、第1のツールは、より詳しく 、例えば請求項4に記載したように、開発者 より、第1の操作に加えて、第1の操作によ て設計したユーザインタフェース画面内に 置した個々の情報入力/表示欄を、変数格納 域内に格納領域が設けられている複数の変 のうち対応する変数の格納領域と各々関連 ける第2の操作、及び、設計した複数のユー ザインタフェース画面の遷移を規定する第3 操作が行われることで構築対象のユーザイ タフェースが規定されると第1プログラムを 成するツールであってもよい。また、請求 7に記載したように、第1のツールとしては 1の規格に準拠したツールを適用することが き、より詳しくは、例えば請求項8に記載し たように、第1の規格としてはJSFを適用する とができる。

 また、請求項1記載の発明において、第2 ツールは、所望のウェブサービスを提供す 処理を規定するフローチャートが開発者に って作成されると、作成されたフローチャ トが表す処理を実行するための第2プログラ を生成する。なお、第2のツールとしては第 2の規格(第1のツールと異なる規格)に準拠し ツールを適用することができ、より詳しく 、例えば請求項8に記載したように、第2の規 格としてはBPELを適用することができる。

 ここで、請求項1記載の発明に係るアプリ ケーション開発支援装置は、上記の第1のツ ル及び第2のツールを用いて行われる、第1プ ログラム及び第2プログラムを含むアプリケ ション・プログラムの開発を支援する装置 あり、変数格納領域生成手段は、第1のツー に対して第1の操作が行われる前に、第2の ールを用いて生成された第2プログラムによ て実行可能な処理における入力変数及び出 変数を各々定義する変数定義情報に基づき 変数定義情報に定義されている各変数の格 領域が各々設けられた変数格納領域を生成 、第1のツールに対して第1の操作が行われ 前に、ユーザインタフェース画面の構成要 として使用可能なシンボルとして、第2プロ ラムを呼び出して所定のウェブサービスを 供する処理を行わせるための起動シンボル 生成する。

 また、請求項1記載の発明において、プロ グラム付加手段は、稼働時に、シンボル生成 手段によって生成された起動シンボルが配置 されているユーザインターフェース画面が呼 び出されるか、又は、ユーザインターフェー ス画面内に配置されている前記起動シンボル が選択された場合に、変数格納領域のうち、 選択された起動シンボルに対応する処理にお ける入力変数に対応する変数の格納領域に格 納されているデータを引数として、第2プロ ラムを起動させて前記対応する処理を実行 せる起動・変数授受処理を行う第3プログラ を生成し、生成した第3プログラムを前記起 動シンボルに付加する。

 更に、請求項1記載の発明では、稼働時に 、特定のユーザインタフェース画面のアドレ ス情報及び処理パラメータを含むリンク情報 が埋め込まれたリンクが選択されることで、 特定のユーザインタフェース画面がリンクか ら直接呼び出された場合に、前記リンクに埋 め込まれた処理パラメータを取得し、取得し た処理パラメータを変数格納領域内の対応す る格納領域に格納させる格納手段が設けられ ている。なお、第1プログラムが、第1プログ ムを実行するためのプラットフォームとし 機能するプラットフォーム・プログラムを 行しているコンピュータ上で実行される場 、格納手段は、例えば請求項6に記載したよ うに、前記プラットフォーム・プログラムに よって実現することができる。

 これにより、開発者が第1のツールを用い て第1の操作を行うことで構築対象のユーザ ンタフェースを規定する作業を行う際には シンボル生成手段によって生成された起動 ンボルも、第1のツールにより、ユーザイン フェース画面の構成要素として使用可能な ンボルとして表示画面に表示され、第1の操 作を行うことで、表示されている起動シンボ ルを、設計中のユーザインタフェース画面内 に配置することが可能となる。また、稼働時 に、特定のユーザインタフェース画面のアド レス情報及び処理パラメータを含むリンク情 報が埋め込まれたリンクが選択されることで 、特定のユーザインタフェース画面がリンク から直接呼び出されると、格納手段により、 前記リンクに埋め込まれた処理パラメータが 取得され、取得された処理パラメータが変数 格納領域内の対応する格納領域に格納される 。

 また、前記リンクが選択されることで呼 出された特定のユーザインタフェース画面 、開発者によって前記起動シンボルが画面 に配置された画面であり、前記起動シンボ に付加されている第3プログラムが、ユーザ インターフェース画面が呼び出されると起動 ・変数授受処理を行う構成である場合には、 前記リンクが選択されることで特定のユーザ インタフェース画面が呼び出されると、変数 格納領域のうち、前記起動シンボルに対応す る処理における入力変数に対応する変数の格 納領域に格納されているデータを引数として 、第2プログラムを起動させて前記対応する 理を実行させる起動・変数授受処理が行わ 、これに伴い、格納手段によって取得され 変数格納領域内の対応する格納領域に格納 れた処理パラメータも引数として第2プログ ムに引き渡され、前記起動シンボルに対応 る処理として、前記処理パラメータに応じ 処理が第2プログラムによって行われること になる。

 また、前記リンクが選択されることで呼 出された特定のユーザインタフェース画面 、開発者によって前記起動シンボルが画面 に配置された画面であり、前記起動シンボ に付加されている第3プログラムが、ユーザ インターフェース画面内に配置されている前 記起動シンボルが選択されると起動・変数授 受処理を行う構成である場合には、前記リン クが選択されることで特定のユーザインタフ ェース画面が呼び出され、呼び出された特定 のユーザインタフェース画面が表示された後 に、表示された特定のユーザインタフェース 画面内の前記起動シンボルが選択されると、 変数格納領域のうち、前記起動シンボルに対 応する処理における入力変数に対応する変数 の格納領域に格納されているデータを引数と して、第2プログラムを起動させて前記対応 る処理を実行させる起動・変数授受処理が われる。そして、これに伴い、格納手段に って取得されて変数格納領域内の対応する 納領域に格納された処理パラメータも引数 して第2プログラムに引き渡され、前記起動 ンボルに対応する処理として、前記処理パ メータに応じた処理が第2プログラムによっ て行われることになる。

 このように、請求項1記載の発明では、第 1のツールに対して第1の操作が行われる前に プログラム付加手段により、起動・変数授 処理を行う第3プログラムが生成されて起動 シンボルに付加されると共に、稼働時に、特 定のユーザインタフェース画面がリンクから 直接呼び出された場合に、リンクに埋め込ま れた処理パラメータを取得して変数格納領域 内の対応する格納領域に格納させる格納手段 が設けられているので、開発者は、第1のツ ルによって表示画面に表示されている起動 ンボルを画面内の所望の位置に配置する第1 操作を行うのみで、ウェブサービスへ引き す処理パラメータ付きでリンクから呼び出 れ、前記処理パラメータを引き渡して第2プ ログラム(ウェブサービス)を起動することが 能なユーザインタフェース画面を設計する とができ、コーディング作業を行う必要が くなる。

 従って、請求項1記載の発明によれば、リ ンク経由でユーザインタフェース画面を呼び 出す際に、ウェブサービスへ引き渡す処理パ ラメータを与えることが可能なユーザインタ フェースを有するアプリケーション・プログ ラムの開発を、コーディング作業を行うこと なく実現することができ、構築対象のユーザ インタフェースを規定する作業に要する期間 、ひいてはアプリケーション・プログラムの 開発期間を短縮することが可能となる。

 なお、請求項1記載の発明において、プロ グラム付加手段は、例えば請求項2に記載し ように、第3プログラムとして、ユーザイン ーフェース画面内に配置されている前記起 シンボルが選択された場合に前記起動・変 授受処理を行うプログラムを生成し、前記 動シンボルに付加すると共に、前記起動シ ボルに対して無条件起動化が指示された場 に、前記起動シンボルに付加した第3プログ ラムを、前記起動シンボルが配置されている ユーザインターフェース画面が呼び出される と前記起動・変数授受処理を無条件に行うプ ログラムへ変更するように構成することが好 ましい。

 これにより、リンクが選択されることで び出されるユーザインタフェース画面を、 面内の起動シンボルが選択されるとウェブ ービスが起動されるように構成したい場合 開発者は、ユーザインタフェース画面内の 望の位置に起動シンボルを配置する操作を うのみで済み、リンクが選択されることで び出されるユーザインタフェース画面を、 該ユーザインターフェース画面が呼び出さ るとウェブサービスが起動されるように構 したい場合にも、上記の操作を行った後、 面内に配置した起動シンボルに対して無条 起動化を指示する操作を行うのみで済む。 って、ウェブサービスの起動タイミングを 動シンボルの選択時とするかユーザインタ フェース画面の呼び出し時とするかを開発 が選択することも、簡単な操作によって実 することができる。

 また、本発明に係る起動シンボルは、稼 時に、配置されたユーザインタフェース画 上で可視表示されるシンボルであってもよ が、請求項2記載の発明において、シンボル 生成手段は、例えば請求項3に記載したよう 、無条件起動化が指示された起動シンボル 対し、稼働時に、配置されたユーザインタ ェース画面上で非可視表示されるように属 情報の変更設定を行うことが好ましい。こ により、本発明に係る起動シンボルを配置 たユーザインタフェース画面が繁雑となる とを回避することができる。

 また、請求項1記載の発明において、第1 ツールは、開発者により、第1の操作に加え 、第1の操作によって設計したユーザインタ フェース画面内に配置した個々の情報入力/ 示欄を、変数格納領域内に格納領域が設け れている複数の変数のうち対応する変数の 納領域と各々関連付ける第2の操作、及び、 計した複数のユーザインタフェース画面の 移を規定する第3の操作が行われることで構 築対象のユーザインタフェースが規定される と、ユーザインタフェースを実現するための 第1プログラムを生成するツールであっても く、この場合、例えば請求項4に記載したよ に、変数格納領域生成手段は、第2のツール を用いて生成されたn種類の第2プログラムに って実行可能なm(m≧n)種類の処理における 力変数及び出力変数を各々定義する変数定 情報に基づき、変数格納領域として、変数 義情報に定義されている各変数の格納領域 各々設けられ、かつ変数定義情報に重複定 されている変数の格納領域が共通化された 数格納領域を生成し、シンボル生成手段は 起動シンボルとして、n種類の第2プログラム のうちの何れかを呼び出してm種類の処理の ちの互いに異なる処理を行わせるためのm種 の起動シンボルを各々生成し、プログラム 加手段は、第3プログラムとして、稼働時に 、シンボル生成手段によって生成された特定 の起動シンボルが配置されているユーザイン ターフェース画面が呼び出されるか、又は、 ユーザインターフェース画面内に配置されて いる特定の起動シンボルが選択された場合に 、変数格納領域内の各格納領域のうち、特定 の起動シンボルに対応する処理における入力 変数に対応する変数の格納領域に格納されて いるデータを引数として、n種類の第2プログ ムのうち前記対応する処理を実行可能な特 の第2プログラムを起動させて前記対応する 処理を実行させる処理に加えて、特定の第2 ログラムによる前記対応する処理の実行が 了すると、特定の第2プログラムから引き渡 れた出力変数を、変数格納領域内の各格納 域のうち前記引き渡された出力変数に対応 る変数の格納領域に格納する起動・変数授 処理を行うプログラムを生成し、生成した 3プログラムを特定の起動シンボルに付加す ることを、m種類の起動シンボルに対して各 行うように構成してもよい。

 これにより、リンクが選択されることで び出された特定のユーザインタフェース画 が、開発者によって起動シンボルが画面内 配置された画面である場合、前記特定のユ ザインターフェース画面が呼び出されるか 又は、前記特定のユーザインターフェース 面内に配置されている前記起動シンボルが 択されると、変数格納領域内の各格納領域 うち、前記起動シンボルに対応する処理に ける入力変数に対応する変数の格納領域に 納されているデータを引数として、n種類の 第2プログラムのうち前記対応する処理を実 可能な特定の第2プログラムを起動させて前 対応する処理を実行させると共に、特定の 2プログラムによる前記対応する処理の実行 が完了すると、特定の第2プログラムから引 渡された出力変数を、変数格納領域内の各 納領域のうち前記引き渡された出力変数に 応する変数の格納領域に格納する起動・変 授受処理が行われる。また、他のユーザイ タフェース画面からの遷移等によって起動 ンボルが配置されたユーザインタフェース 面が呼び出され、当該ユーザインタフェー 画面内の起動シンボルが選択された場合に 、上記の起動・変数授受処理が行われるこ になる。

 請求項4記載の発明は、変数格納領域生成 手段により、変数定義情報に定義されている 各変数の格納領域が各々設けられ、かつ変数 定義情報に重複定義されている変数の格納領 域が共通化された変数格納領域が生成される ので、一例として、第2プログラムによって 行される第1処理の出力変数をユーザインタ ェース画面内の特定の情報入力/表示欄に表 示させると共に、特定の情報入力/表示欄に 示されたデータ(第1処理の出力変数)に対し 必要に応じて利用者による変更設定を行わ 、必要に応じて変更設定が行われた特定の 報入力/表示欄内のデータを第2プログラムに よって第2処理の入力変数として用いるユー インタフェースを構築する等の場合にも、 記の特定の情報入力/表示欄と関連付ける必 の有る変数格納領域内の格納領域の数は1個 で済む。これにより、第1のツールにおいて 個々の情報入力/表示欄と関連付けることが 能な変数格納領域内の格納領域の数が各々1 個に制限されている場合にも、上記のような ユーザインタフェースを構築することが可能 となり、第1プログラムによって実現される ーザインタフェースの設計の自由度を向上 せることができる。

 なお、請求項1記載の発明において、第1 ツールによって生成される第1プログラムと ては、例えば請求項5に記載したように、第 1プログラムを実行するためのプラットフォ ムとして機能するプラットフォーム・プロ ラムを実行しているコンピュータ上で実行 れ、当該コンピュータによる第1プログラム 実行時には、プラットフォーム・プログラ により、表示画面内に表示されているユー インタフェース画面内に配置され情報の入 が可能な特定の情報入力/表示欄内に新たに 情報が入力された場合には、入力された情報 を、変数格納領域内の各格納領域のうち特定 の情報入力/表示欄と関連付けられた特定の 納領域にも格納し、変数格納領域内の特定 格納領域に新たに情報が格納された場合に 、格納された情報を、表示画面内に表示さ ているユーザインタフェース画面内に配置 れ特定の格納領域と関連付けられかつ情報 表示が可能な特定の情報入力/表示欄内にも 示させる同期処理が行われるプログラムが 適である。

 請求項9記載の発明に係るアプリケーショ ン開発支援プログラムは、コンピュータを、 ユーザインタフェース画面の構成要素として 使用可能な複数種のシンボルを表示画面に表 示させると共に、開発者により、前記複数種 のシンボルのうちの所望のシンボルを画面内 の所望の位置に配置することでユーザインタ フェース画面を設計する第1の操作が少なく も行われることで構築対象のユーザインタ ェースが規定されると、前記ユーザインタ ェースを実現するための第1プログラムを生 する第1のツール、及び、所望のウェブサー ビスを提供する処理を規定するフローチャー トが開発者によって作成されると、作成され たフローチャートが表す処理を実行するため の第2プログラムを生成する第2のツールを用 て行われる、前記第1プログラム及び前記第 2プログラムを含むアプリケーション・プロ ラムの開発を支援するアプリケーション開 支援装置として機能させるためのアプリケ ション開発支援プログラムであって、少な とも前記第1のツールが動作する第1コンピュ ータを、前記第1のツールに対して前記第1の 作が行われる前に、前記第2のツールを用い て生成された前記第2プログラムによって実 可能な処理における入力変数及び出力変数 各々定義する変数定義情報に基づき、前記 数定義情報に定義されている各変数の格納 域が各々設けられた変数格納領域を生成す 変数格納領域生成手段、前記第1のツールに して前記第1の操作が行われる前に、前記ユ ーザインタフェース画面の構成要素として使 用可能なシンボルとして、前記第2プログラ を呼び出して所定のウェブサービスを提供 る処理を行わせるための起動シンボルを生 するシンボル生成手段、及び、稼働時に、 記シンボル生成手段によって生成された前 起動シンボルが配置されているユーザイン ーフェース画面が呼び出されるか、又は、 ーザインターフェース画面内に配置されて る前記起動シンボルが選択された場合に、 記変数格納領域のうち、前記起動シンボル 対応する処理における入力変数に対応する 数の格納領域に格納されているデータを引 として、前記第2プログラムを起動させて前 対応する処理を実行させる起動・変数授受 理を行う第3プログラムを生成し、生成した 第3プログラムを前記起動シンボルに付加す プログラム付加手段として機能させると共 、少なくとも前記第1プログラムを実行する 2コンピュータを、稼働時に、特定のユーザ インタフェース画面のアドレス情報及び処理 パラメータを含むリンク情報が埋め込まれた リンクが選択されることで、前記特定のユー ザインタフェース画面が前記リンクから直接 呼び出された場合に、前記リンクに埋め込ま れた処理パラメータを取得し、前記取得した 処理パラメータを前記変数格納領域内の対応 する格納領域に格納させる格納手段として機 能させる。

 請求項9記載の発明に係るアプリケーショ ン開発支援プログラムは、少なくとも第1の ールが動作する第1コンピュータを、上記の 数格納領域生成手段、シンボル生成手段及 プログラム付加手段として機能させると共 、少なくとも第1プログラムを実行する第2 ンピュータを上記の格納手段として機能さ るためのプログラムであるので、上記の第1 ンピュータ及び第2コンピュータが請求項9 載の発明に係るアプリケーション開発支援 ログラムを実行することで、上記の第1コン ュータ及び第2コンピュータが請求項1に記 のアプリケーション開発支援装置として機 することになり、請求項1記載の発明と同様 、リンク経由でユーザインタフェース画面 呼び出す際に、ウェブサービスへ引き渡す 理パラメータを与えることが可能なユーザ ンタフェースを有するアプリケーション・ ログラムの開発を、コーディング作業を行 ことなく実現することができる。

 請求項10記載の発明に係る記録媒体は、 ンピュータを、ユーザインタフェース画面 構成要素として使用可能な複数種のシンボ を表示画面に表示させると共に、開発者に り、前記複数種のシンボルのうちの所望の ンボルを画面内の所望の位置に配置するこ でユーザインタフェース画面を設計する第1 操作が少なくとも行われることで構築対象 ユーザインタフェースが規定されると、前 ユーザインタフェースを実現するための第1 プログラムを生成する第1のツール、及び、 望のウェブサービスを提供する処理を規定 るフローチャートが開発者によって作成さ ると、作成されたフローチャートが表す処 を実行するための第2プログラムを生成する 2のツールを用いて行われる、前記第1プロ ラム及び前記第2プログラムを含むアプリケ ション・プログラムの開発を支援するアプ ケーション開発支援装置として機能させる めのアプリケーション開発支援プログラム 記録された記録媒体であって、前記アプリ ーション開発支援プログラムは、少なくと 前記第1のツールが動作する第1コンピュー を、前記第1のツールに対して前記第1の操作 が行われる前に、前記第2のツールを用いて 成された前記第2プログラムによって実行可 な処理における入力変数及び出力変数を各 定義する変数定義情報に基づき、前記変数 義情報に定義されている各変数の格納領域 各々設けられた変数格納領域を生成する変 格納領域生成手段、前記第1のツールに対し て前記第1の操作が行われる前に、前記ユー インタフェース画面の構成要素として使用 能なシンボルとして、前記第2プログラムを び出して所定のウェブサービスを提供する 理を行わせるための起動シンボルを生成す シンボル生成手段、及び、稼働時に、前記 ンボル生成手段によって生成された前記起 シンボルが配置されているユーザインター ェース画面が呼び出されるか、又は、ユー インターフェース画面内に配置されている 記起動シンボルが選択された場合に、前記 数格納領域のうち、前記起動シンボルに対 する処理における入力変数に対応する変数 格納領域に格納されているデータを引数と て、前記第2プログラムを起動させて前記対 応する処理を実行させる起動・変数授受処理 を行う第3プログラムを生成し、生成した第3 ログラムを前記起動シンボルに付加するプ グラム付加手段として機能させると共に、 なくとも前記第1プログラムを実行する第2 ンピュータを、稼働時に、特定のユーザイ タフェース画面のアドレス情報及び処理パ メータを含むリンク情報が埋め込まれたリ クが選択されることで、前記特定のユーザ ンタフェース画面が前記リンクから直接呼 出された場合に、前記リンクに埋め込まれ 処理パラメータを取得し、前記取得した処 パラメータを前記変数格納領域内の対応す 格納領域に格納させる格納手段として機能 せる。

 請求項10記載の発明に係る記録媒体は、 求項9記載の発明に係るアプリケーション開 支援プログラム、すなわち、少なくとも第1 のツールが動作する第1コンピュータを、上 の変数格納領域生成手段、シンボル生成手 及びプログラム付加手段として機能させる 共に、少なくとも第1プログラムを実行する 2コンピュータを上記の格納手段として機能 させるためのプログラムが記録されているの で、請求項10記載の発明に係る記録媒体から み出されたアプリケーション開発支援プロ ラムが上記の第1コンピュータ及び第2コン ュータによって実行されることで、上記の 1コンピュータ及び第2コンピュータが請求項 1に記載のアプリケーション開発支援装置と て機能することになり、請求項1記載の発明 同様に、リンク経由でユーザインタフェー 画面を呼び出す際に、ウェブサービスへ引 渡す処理パラメータを与えることが可能な ーザインタフェースを有するアプリケーシ ン・プログラムの開発を、コーディング作 を行うことなく実現することができる。

 以上説明したように本発明は、所望のウ ブサービスを提供する処理を規定するフロ チャートが表す処理を実行するための第2プ ログラムによって実行可能な処理における入 力変数及び出力変数を各々定義する変数定義 情報に基づき、各変数の格納領域が各々設け られた変数格納領域を生成する変数格納領域 生成手段、ユーザインタフェース画面の構成 要素として使用可能なシンボルとして、記第 2プログラムを呼び出して所定のウェブサー スを提供する処理を行わせるための起動シ ボルを生成するシンボル生成手段、稼働時 、起動シンボルが配置されているユーザイ ターフェース画面が呼び出されるか、又は ユーザインターフェース画面内に配置され いる起動シンボルが選択された場合に、変 格納領域のうち起動シンボルに対応する処 における入力変数に対応する変数の格納領 に格納されているデータを引数として、第2 ログラムを起動させて対応する処理を実行 せる起動・変数授受処理を行う第3プログラ ムを生成し、生成した第3プログラムを起動 ンボルに付加するプログラム付加手段、及 、稼働時に、特定のユーザインタフェース 面のアドレス情報及び処理パラメータを含 リンク情報が埋め込まれたリンクが選択さ ることで、特定のユーザインタフェース画 がリンクから直接呼び出された場合に、リ クに埋め込まれた処理パラメータを取得し 変数格納領域内の対応する格納領域に格納 せる格納手段を備えているので、リンク経 でユーザインタフェース画面を呼び出す際 、ウェブサービスへ引き渡す処理パラメー を与えることが可能なユーザインタフェー を有するアプリケーション・プログラムの 発を、コーディング作業を行うことなく実 できる、という優れた効果を有する。

本実施形態においてアプリケーション プログラムの開発環境としての第1のコンピ ュータ・システムの概略構成を示すブロック 図である。 (A)はウェブサービス作成ツールの作成 面の一例、(B)は当該ツールを用いて作成画 上で作成されたフローの一例を各々示すイ ージ図である。 条件起動ボタン生成処理の内容を示す ローチャートである。 無条件起動ボタン生成処理の内容を示 フローチャートである。 UI構築ツールの作成画面の一例を示す メージ図である。 (A)は変数定義情報からの変数格納領域 生成、(B)は画面内の情報入力/表示欄と格納 領域のバインド、稼働時のデータ(変数)の代 を説明する概念図である。 従来方式で図6(B)と同一処理を行う場合 の問題点を示す概念図である。 アプリケーション・プログラムの実行 境としての第2のコンピュータ・システムの 概略構成を示すブロック図である。 リンクからウェブサービス(入力変数無 し)を利用した場合の処理の流れの一例を示 概念図である。 リンクからウェブサービス(入力変数 り)を利用した場合の処理の流れの一例を示 概念図である。 リンクからウェブサービス(入力変数 り)を利用した場合の処理の流れの他の例を す概念図である。

 以下、図面を参照して本発明の実施形態 一例を詳細に説明する。図1には本実施形態 に係る第1のコンピュータ・システム10が示さ れている。本実施形態に係る第1のコンピュ タ・システム10は、所定のウェブサイトにア クセスした利用者に対して所定のサービス( ェブサービス)を提供するためのアプリケー ョン・プログラムを開発する際に使用され コンピュータ・システムであり、サーバ・ ンピュータ12がイントラネット14を介して多 数台のクライアント端末16と各々接続されて 成されている。個々のクライアント端末16 、上記のアプリケーション・プログラムを 発する開発者によって操作される端末であ 、例えばパーソナル・コンピュータ(PC)等か 成り、CPU16A、RAM等から成るメモリ16B、HDD(Har d Disk Drive)等から成る記憶部16C、ネットワー クインタフェース(I/F)部16Dを備えている。個 のクライアント端末16には、表示手段とし のディスプレイ18、入力手段としてのキーボ ード20及びマウス22が各々接続されており、 ットワークI/F部16Dを介してイントラネット14 に接続されている。

 また、上記のアプリケーション・プログ ムは、所定のウェブサイトにおけるユーザ ンタフェース(UI)の部分を実現するための画 面制御プログラム(本発明における第1プログ ム)と、利用者に所定のウェブサービスを提 供するためのウェブサービス提供プログラム (本発明における第2プログラム)に大別される 。クライアント端末16の記憶部16Cには、上記 画面制御プログラムを開発するためのUI構 ツールのプログラムと、上記のウェブサー ス提供プログラムを開発するためのウェブ ービス作成ツールのプログラムが各々イン トールされており、更に、クライアント端 16で後述する条件起動ボタン生成処理を行う ための条件起動ボタン生成プログラム及び無 条件起動ボタン生成処理を行うための無条件 起動ボタン生成プログラムもインストールさ れている。

 クライアント端末16は請求項9,10に記載の 1コンピュータに対応しており、条件起動ボ タン生成プログラム及び無条件起動ボタン生 成プログラムは、請求項9,10に記載のアプリ ーション開発支援プログラムのうち、第1コ ピュータを変数格納領域生成手段、シンボ 生成手段及びプログラム付加手段として機 させるプログラムに対応している。クライ ント端末16は、CPU16Aが上記の条件起動ボタ 生成プログラム及び無条件起動ボタン生成 ログラムを実行することで、後述するウェ サイト運営システム32のアプリケーション・ サーバ34と共に、本発明に係るアプリケーシ ン開発支援装置として機能する。

 なお、UI構築ツールは本発明に係る第1の ールに、ウェブサービス作成ツールは本発 に係る第2のツールに各々対応している。UI 築ツールとしてはJSF(Java(登録商標) Server Fa ces)の規格に準拠したツールが好適であるが 他の規格に準拠したツールであってもよい また、ウェブサービス作成ツールとしてはBP EL(Business Process Execution Language)の規格に準拠 したツールが好適であるが、他の規格に準拠 したツールであってもよい。

 一方、サーバ・コンピュータ12は、CPU12A RAM等から成るメモリ12B、HDD等から成る記憶 12C、ネットワークI/F部12Dを備えており、ネ トワークI/F部12Dを介してイントラネット14に 接続されている。前述のウェブサービス作成 ツールを用いたウェブサービス提供プログラ ムの開発では、個々のウェブサービス(例え 、後述する「書籍検索」や「書籍購入」等) 単位としてプログラムが開発されるが、開 されたウェブサービス提供プログラムは、 のウェブサイトにおける同一ウェブサービ の提供にも利用可能である。このため、サ バ・コンピュータ12の記憶部12Cには、開発 れたウェブサービス提供プログラムを登録 るためのウェブサービス・ライブラリが記 されており、このウェブサービス・ライブ リに登録されたウェブサービス提供プログ ムは、互いに異なるクライアント端末16を操 作する複数の開発者が各々使用可能とされて いる。

 次に図8を参照し、第1のコンピュータ・ ステム10によって開発されたアプリケーショ ン・プログラムの実行環境としての第2のコ ピュータ・システム30の構成について説明す る。第2のコンピュータ・システム30は特定ウ ェブサイトを運営するためのウェブサイト運 営システム32を備えている。ウェブサイト運 システム32は、アプリケーション・サーバ34 、ウェブサービス提供サーバ36及びDB(データ ース)サーバ38を備え、ウェブサービス提供 ーバ36及びDBサーバ38が通信回線を介してア リケーション・サーバ34に各々接続されて 成されている。

 アプリケーション・サーバ34は、CPU34A、RA M等から成るメモリ34B、HDD等から成る記憶部34 C、ネットワークI/F部34Dを備えており、記憶 34Cには、先に説明した第1のコンピュータ・ ステム10を利用して開発されたアプリケー ョン・プログラムのうち前述の画面制御プ グラムと、当該画面制御プログラムを実行 るためのプラットフォームとして機能する ラットフォーム・プログラムが各々インス ールされている。例えばUI構築ツールがJSFの 規格に準拠している場合、プラットフォーム ・プログラムとしてはJSFエンジンと称される プラットフォームを提供するプログラムが用 いられ、UI構築ツールによって生成された画 制御プログラムは前記プラットフォーム(JSF エンジン)上で実行される。

 なお、アプリケーション・サーバ34は請 項9,10に記載の第2コンピュータに対応してお り、アプリケーション・サーバ34の記憶部34C インストールされているプラットフォーム プログラムは、請求項9,10に記載のアプリケ ーション開発支援プログラムのうち第2コン ュータを格納手段として機能させるプログ ムに対応している。アプリケーション・サ バ34は、CPU34Aが上記のプラットフォーム・プ ログラムを実行することで、先に説明したク ライアント端末16と共に、本発明に係るアプ ケーション開発支援装置として機能する。

 アプリケーション・サーバ34のネットワ クI/F部34Dは、多数台のウェブサーバが通信 線を介して相互に接続されて成るコンピュ タ・ネットワーク(インターネット)40に接続 れており、インターネット40には、CPU42A、RA M等から成るメモリ42B、HDD等から成る記憶部42 C、ネットワークI/F部42Dを備え、記憶部34Cに ラウザ(ウェブ閲覧ソフト)のプログラムがイ ンストールされていると共に、表示手段とし てのディスプレイ44、入力手段としてのキー ード46及びマウス48が各々接続されたクライ アント端末42が多数台接続されている。

 また、ウェブサービス提供サーバ36はCPU36 A、RAM等から成るメモリ36B、HDD等から成る記 部36C、ネットワークI/F部36Dを備えており、HD D36Cには、先に説明した第1のコンピュータ・ ステム10を利用して開発されたアプリケー ョン・プログラムのうち前述のウェブサー ス提供プログラムと、当該ウェブサービス 供プログラムを実行するためのプラットフ ームとして機能するプラットフォーム・プ グラムが各々インストールされている。例 ばウェブサービス作成ツールがBPELの規格に 拠している場合、プラットフォーム・プロ ラムとしてはBPELエンジンと称されるプラッ トフォームを提供するプログラムが用いられ 、ウェブサービス作成ツールによって生成さ れたウェブサービス提供プログラムは前記プ ラットフォーム(BPELエンジン)上で実行される 。

 次に本実施形態の作用として、まず、ウ ブサービス作成ツールを用いて行われるウ ブサービス提供プログラムの開発について 明する。ウェブサービス提供プログラムを 発するために、開発者がクライアント端末1 6上でウェブサービス作成ツールのプログラ を起動すると、クライアント端末16のディス プレイ18には、例として図2(A)に示すような作 成画面が表示される。ウェブサービス作成ツ ールは、提供対象のウェブサービスを実現す る処理を規定するフローチャートが開発者に よって作成されると、作成されたフローチャ ートが表す処理を実行するためのウェブサー ビス提供プログラムを生成する機能を備えた ツールであり、図2(A)に示す作成画面には、 発者がフローチャートを作成するための作 領域と、フローチャートの作成に利用可能 互いに異なる処理を表す複数種の部品(シン ル)が表示されたパレットが設けられている 。

 上記の作成画面が表示されると、開発者 、マウス22やキーボード20を介し、パレット 内に表示されている複数の部品の中から所望 の部品を選択して作業領域に配置し、必要に 応じて、配置した部品が表す処理の内容を規 定する情報を入力すると共に、配置した部品 と作業領域に既に配置した部品との接続関係 (各部品が表す処理の実行順序)を規定する操 を繰り返すことで、例として図2(B)に示すよ うに、提供対象のウェブサービスを実現する 処理を規定するフローチャートを作成する。 フローチャートの作成が完了すると、開発者 は、作成したフローチャートに対応するプロ グラムの生成を指示する操作を行う。パレッ ト内に表示されている個々の部品には、個々 の部品が表す処理を実現するためのプログラ ムが付加されており、ウェブサービス作成ツ ールは、プログラムの生成が指示されると、 作成されたフローチャートを構成する個々の 部品に付加されているプログラムを、開発者 によって入力された処理内容を規定する情報 に基づいて修正し、作成されたフローチャー トにおける個々の部品の接続関係に応じて並 べ替える等の処理を行うことで、作成された フローチャートが表す処理を実行するための プログラム(ウェブサービス提供プログラム) 生成する。これにより開発者は、コーディ グ作業を行うことなく、所望のウェブサー スを提供するウェブサービス提供プログラ を得ることができる。

 また、ウェブサービス作成ツールは、生 したウェブサービス提供プログラムを実行 る際の入力変数及び出力変数の名称等を記 した変数定義情報も生成する。この変数定 情報は、より詳しくはウェブサービス提供 ログラムによって実現されるウェブサービ を単位として生成され、例えば個々のウェ サービスを実現するための処理に共通部分 多い等の理由で、複数種のウェブサービス 実現するフローチャートが作成され、当該 ローチャートに基づいて複数種のウェブサ ビスを実現するウェブサービス提供プログ ムが生成された場合、ウェブサービス作成 ールにより、前記複数種のウェブサービス うちの互いに異なるウェブサービスに対応 る複数の変数定義情報が各々生成される。

 複数種のウェブサービスを実現するウェ サービス提供プログラムが生成された場合 ウェブサービス提供プログラムの種類数nは 提供可能なウェブサービスの種類数mよりも なくなる(n<m)が、個々のウェブサービス提 供プログラムが各々単一のウェブサービスを 実現するプログラムである場合は、ウェブサ ービス提供プログラムの種類数nは提供可能 ウェブサービスの種類数mと同数(n=m)となる なお、上記の変数定義情報は、例えばBPELの 格ではWSDL(Web Service Description Language)と称 れる。また本実施形態では「個々の変数に 定の名称を用いる」という開発ルールが存 しており、同一の変数を用いるウェブサー スは、当該ウェブサービスの内容に拘わら 、対応する変数定義情報に規定されている 記変数の名称が同一とされている。

 上記のようにしてウェブサービス作成ツ ルによるウェブサービス提供プログラム及 変数定義情報の生成が完了すると、開発者 、生成されたウェブサービス提供プログラ 及び変数定義情報をクライアント端末16か サーバ・コンピュータ12へアップロードさせ る。サーバ・コンピュータ12へアップロード れたウェブサービス提供プログラム及び変 定義情報はウェブサービス・ライブラリに 録され、他の開発者が使用することが可能 なる。

 次に、UI構築ツールを用いて画面制御プ グラムの開発を行うに先立って開発者が行 準備作業について説明する。UI構築ツールを 用いて画面制御プログラムの開発を行う場合 、開発者は、これから開発する画面制御プロ グラムによって実現されるUIを通じて利用者 の提供を予定しているウェブサービスを全 リストアップし、リストアップした個々の ェブサービスに対応するウェブサービス提 プログラム及び変数定義情報を、例えばサ バ・コンピュータ12のウェブサービス・ラ ブラリからダウンロードしたり、必要に応 てウェブサービス作成ツールを起動し、前 のフローチャート作成作業を行った後にウ ブサービス作成ツールによってウェブサー ス提供プログラム及び変数定義情報を生成 せる等によって取得する(メモリ16A又は記憶 16Aに記憶させる)。そして、利用者への提供 を予定している全てのウェブサービスについ て、対応するウェブサービス提供プログラム 及び変数定義情報を取得すると、クライアン ト端末16上で条件起動ボタン生成プログラム 起動させる。

 以下、起動された条件起動ボタン生成プ グラムがCPU16Aによって実行されることでク イアント端末16によって行われる条件起動 タン生成処理について、図3を参照して説明 る。条件起動ボタン生成処理では、まずス ップ50において、メモリ16A又は記憶部16Aに 憶されている、利用者への提供を予定して る個々のウェブサービスに対応する変数定 情報(例えばBPELの規格ではWSDL)を各々参照し 個々の変数定義情報に記述されている入力 数及び出力変数を全て抽出する。例えば利 者への提供を予定しているウェブサービス 種類数がmである場合、m個の変数定義情報 ら入力変数及び出力変数が各々抽出される 次のステップ52では、ステップ50で抽出した 力変数及び出力変数のうち重複している変 (名称が同一、すなわち同一の変数)を1つに め、各変数の格納領域が設けられた変数格 領域(例えばJSFの規格ではマネージドビーン )を生成する。

 例として図6(A)に示すように、利用者への 提供を予定しているウェブサービスが「書籍 検索サービス」及び「書籍購入サービス」で あり、「書籍検索サービス」の入力変数が「 書籍名」、出力変数が「書籍ID」であり、「 籍購入サービス」の入力変数が「書籍ID」 び「購入者」、出力変数が「結果」である 合、重複している「書籍ID」が1つに纏めら ることで、「書籍名」「書籍ID」「購入者」 及び「結果」の各変数の格納領域が1個ずつ けられた変数格納領域が生成されることに る。なお、ステップ50,52は本発明に係る変数 格納領域生成手段(より詳しくは請求項4に記 の変数格納領域生成手段)に対応している。

 ステップ54では利用者への提供を予定し いるウェブサービスの中から単一のウェブ ービスを処理対象として選択し、次のステ プ56では、稼働時にUI画面上に可視表示され 選択することで処理対象のウェブサービス ウェブページ上で呼び出すことが可能な条 起動ボタン(の情報)を生成する。詳細は後 するが、UI構築ツールでは、UI画面の構成要 として使用可能な情報入力/表示欄や各種の ボタン等のシンボルが作成画面(図5も参照)の パレット内に表示され、開発者により、所望 のシンボルを選択して所望の位置に配置する 操作が繰り返されることでUI画面の設計が行 れる。ステップ56では、稼働時にUI画面上に 可視表示され、選択することで処理対象のウ ェブサービスをウェブページ上で呼び出すこ とが可能な条件起動ボタンとして、UI構築ツ ルと同一の規格(例えばJSF)に準拠した条件 動ボタン(の情報)を生成する。これにより、 生成した条件起動ボタンはUI構築ツールの作 画面のパレット内に表示することが可能と る。なお、ステップ56は本発明に係るシン ル生成手段に対応している。

 次のステップ58以降の処理は本発明に係 プログラム付加手段(より詳しくは、請求項4 に記載のプログラム付加手段のうち、ユーザ インターフェース画面内に配置されている起 動シンボルが選択された場合に起動・変数授 受処理を行うプログラムを生成して起動シン ボルに付加するプログラム付加手段)に対応 ており、まずステップ58では、処理対象のウ ェブサービスに対応する変数定義情報に記述 されてる入力変数及び出力変数の中から単一 の変数を選択し、次のステップ60では、ステ プ52で生成した変数格納領域をステップ58で 選択した変数の名称をキーとして検索するこ とで、ステップ58で選択した変数に対応する 納領域を変数格納領域から抽出する。ステ プ62では、ステップ58で選択した変数が入力 変数か否か判定する。判定が肯定された場合 はステップ64へ移行し、変数格納領域からス ップ60で抽出した格納領域に格納されてい データを、ステップ58で選択した変数(入力 数)として処理対象のウェブサービスへ引き す代入文(プログラム)を作成する。また、 テップ58で選択した変数が出力変数であれば 、ステップ62の判定が否定されてステップ66 移行し、処理対象のウェブサービスによる 理終了時に処理対象のウェブサービスから き渡される出力変数のうち、ステップ58で選 択した出力変数を、変数格納領域からステッ プ60で抽出した格納領域内に格納させる代入 (プログラム)を作成する。

 次のステップ68では、処理対象のウェブ ービスに対応する変数定義情報に記述され る全ての変数に対して上記の処理を行った 否か判定する。判定が否定された場合はス ップ58に戻り、ステップ68の判定が肯定され 迄ステップ58~ステップ68を繰り返す。これ より、処理対象のウェブサービス(を提供す プログラム)の起動時には、処理対象のウェ ブサービスにおける入力変数に対応するデー タを変数格納領域から処理対象のウェブサー ビスへ入力変数として引き渡す処理を行い( として図6(B)に破線で示す右向きの矢印を参 )、処理対象のウェブサービス(を提供する ログラム)の終了時には、処理対象のウェブ ービスから引き渡された出力変数を変数格 領域に格納する処理を行う(例として図6(B) 破線で示す左向きの矢印を参照)プログラム 自動的に生成されることになる。

 ステップ68の判定が肯定されるとステッ 70へ移行し、処理対象のウェブサービスを呼 び出す呼出文(プログラム)を作成する。そし ステップ72では、上述した処理で作成した 出プログラム(ステップ64、66で作成した代入 文とステップ70で作成した呼出文を含むプロ ラム:本発明に係る第3プログラム(より詳し は、請求項2に記載の「ユーザインターフェ ース画面内に配置されている起動シンボルが 選択された場合に起動・変数授受処理を行う プログラム」)に相当)を、先のステップ56で 成した処理対象のウェブサービスに対応す ボタン(の情報)に付加し、メモリ16B又は記憶 部16Cの所定の記憶領域に記憶させる。次のス テップ74では、利用者への提供を予定してい 全てのウェブサービスに対して上記の処理 行ったか否か判定する。判定が否定された 合はステップ54に戻り、ステップ74の判定が 肯定される迄ステップ54~ステップ74を繰り返 。これにより、利用者への提供を予定して る全てのウェブサービスについて、上記の 出プログラムが付加されたボタン(の情報) 各々生成される。そしてステップ74の判定が 肯定されると条件起動ボタン生成処理を終了 する。

 続いて開発者は、クライアント端末16上 UI構築ツールのプログラムを起動する。これ により、クライアント端末16のディスプレイ1 8には、例として図5に示すような作成画面が 示される。UI構築ツールは、UIを構築するた めの操作を開発者に行わせ、開発者による操 作が完了すると、構築されたUIを実現する画 制御プログラムを生成する機能を備えたツ ルであり、図5に示す作成画面には、開発者 がUI画面(ウェブページ)を作成するためのUI画 面作成領域と、UI画面の構成要素として使用 能な情報入力/表示欄や各種のボタン等のシ ンボルが表示されたパレットと、UI画面作成 域で作成された複数のUI画面の間の遷移を 義するための画面遷移定義領域が各々設け れている。本実施形態では、UI構築ツールの 起動に先立って前述の条件起動ボタン生成処 理が実行されるので、UI構築ツールの起動時 は、条件起動ボタン生成処理によって生成 れて所定の記憶領域に記憶されている条件 動ボタンの情報も読み込まれ、例として図5 に示すように、条件起動ボタン生成処理によ って生成された条件起動ボタン(利用者への 供を予定している個々のウェブサービスを び出すためのボタン)もUI画面の作成に使用 能なシンボルの1つとしてパレット内に表示 れる。

 上記のようにして準備作業が完了すると 続いて開発者は、構築対象のUIを規定する めの操作を行うことで、ウェブサービスを 供する所定のウェブサイトにおけるUIの構築 (画面制御プログラムの開発)を行う。すなわ 開発者は、マウス22やキーボード20を介し、 パレット内に表示されている複数のシンボル の中から所望のシンボルを選択してUI画面作 領域内の所望の位置に配置し、必要に応じ 、UI画面内に表示すべきテキスト情報を入 する操作(第1の操作)を繰り返すことで、所 のウェブサイトを構成する複数のUI画面(ウ ブページ)を順に作成(設計)する。なお、個 のUI画面の作成において、作成しているUI画 が、利用者へ特定のウェブサービスを提供 る契機となる画面である場合、開発者は、 レット内に表示されているシンボルの中か 特定のウェブサービスを呼び出すための条 起動ボタンも選択し、当該ボタンもUI画面 に配置する操作を行う。

 ところで、構築対象のUIの中に、特定の ェブサービスの処理結果を表示する画面内 で、かつリンク情報が埋め込まれたリンク 選択されることで当該リンクから直接呼び される可能性の有る特定のUI画面(以下、こ 画面を「リンク呼出UI画面」と称する)が含 れている場合、開発者は、リンク呼出UI画面 の作成時に、作成中のUI画面内に一旦配置し 条件起動ボタンの無条件起動化(無条件起動 ボタンへの変更)を指示する操作を行う。

 この操作は、例えば先の条件起動ボタン 成処理によって生成されて作成画面のパレ ト内に表示されている複数の条件起動ボタ のうち、リンク呼出UI画面で処理結果が表 される特定のウェブサービスに対応する特 の条件起動ボタンを選択し、選択した特定 条件起動ボタンを作成中のUI画面内の所望の 位置に一旦配置する操作を行った後に、作成 中のUI画面内に配置した特定の条件起動ボタ のプロパティ(属性情報)を表示させる操作 行い、次に、表示された特定の条件起動ボ ンの属性情報のうち、UI画面が呼び出される と呼出プログラムを無条件に実行させる機能 (本実施形態ではこの機能を「SubmitOnLoad機能 と称している)をオンにする操作を行うこと よって成される。これにより、クライアン 端末16上で無条件起動ボタン生成プログラ が起動され、起動された条件起動ボタン生 プログラムがCPU16Aによって実行されること 、図4に示す無条件起動ボタン生成処理が実 される。

 この無条件起動ボタン生成処理では、ま ステップ80において、リンク呼出UI画面内に 配置された特定の条件起動ボタン(SubmitOnLoad 能のオンが指示された条件起動ボタン)の情 をメモリ16B又は記憶部16Cから読み出し、無 件起動化後のボタンがリンク呼出UI画面上 非可視化されるように、前記読み出したボ ンの情報のうちボタンの属性情報(詳しくは タンの表示色を規定する情報)を変更(透明 )する。なお、このステップ80は請求項3に記 のシンボル生成手段に対応している。

 また、ステップ82では、前記読み出した タンの情報から、先の条件起動ボタン生成 理によって生成された呼出プログラムを抽 する。ステップ82で抽出した呼出プログラム は、稼働時(開発されたアプリケーション・ ログラムの実行時)に、対応する条件起動ボ ンが配置されたUI画面がクライアント端末42 から呼び出されてクライアント端末42のディ プレイ44に表示され、更に、表示されたUI画 面内に可視表示されている前記条件起動ボタ ンが選択された場合に実行され、対応するウ ェブサービスの呼び出し等の処理を行うもの であるが、次のステップ84では、リンクが選 される等によって無条件起動ボタンが配置 れたUI画面(リンク呼出UI画面)が呼び出され と、前記呼出プログラムが無条件で(ボタン 選択の操作を経ることなく)実行されるよう 、ステップ82で抽出した呼出プログラムを変 更し、無条件起動ボタン生成処理を終了する 。

 なお、ステップ84の処理は、例えば呼出 ログラムのうち、ボタン選択の操作が行わ たか否かを判定する判定文(プログラム)を削 除する等によって行うことができる。また、 上記のステップ82,84も本発明に係るプログラ 付加手段に対応しており、より詳しくは、 求項2に記載の「起動シンボルに対して無条 件起動化が指示された場合に、第3プログラ を、起動シンボルが配置されているユーザ ンターフェース画面が呼び出されると記起 ・変数授受処理を無条件に行うプログラム 変更する」処理を行うプログラム付加手段 対応している。

 上記の無条件起動ボタン生成処理が完了 ると、作成中のUI画面内に配置されていた 件起動ボタンが無条件起動化され(無条件起 ボタンへ変更され)、先のステップ80におけ 属性情報の変更に伴い、作成中のUI画面内 おける表示も可視表示から非可視表示に変 する(透明化される)。また、作成中のUI画面 に配置されていた条件起動ボタンが無条件 動ボタンへ変更されたことに伴い、作成中 UI画面は、当該UI画面がリンクから直接呼び 出されると、画面内の無条件起動ボタンに付 加されている呼出プログラムがアプリケーシ ョン・サーバ34で無条件に実行されることで 特定のウェブサービスが呼び出され、特定 ウェブサービスに相当する処理が終了する 、特定のウェブサービスの処理結果を表示 るUI画面、すなわちリンク呼出UI画面へ変更 されることになる。

 このように、開発者は、作成中のUI画面 に条件起動ボタンを配置し、配置した条件 動ボタンのプロパティを表示させてSubmitOnLoa d機能のオンを指示する、というごく簡単な 作により、コーディング作業を行うことな 、無条件起動ボタンの生成(作成中のUI画面 リンク呼出UI画面への変更)を行うことがで る。なお、上述した無条件起動ボタン生成 理を経た呼出プログラムも本発明に係る第3 ログラムに対応している。

 また、作成したUI画面が、利用者による 報の入力又は情報の表示を行うための情報 力/表示欄が設けられている画面である場合 開発者は、画面内の個々の情報入力/表示欄 を、先のボタン生成処理によって生成された 変数格納領域のうち、情報入力/表示欄を介 て入力される情報又は情報入力/表示欄に表 する情報に対応する格納領域と関連付ける( UIバインドともいう)操作(第2の操作)を行う。 更に、ウェブサイトを構成する全てのUI画面( ウェブページ)を作成すると、開発者は、作 した各UI画面の遷移を画面遷移定義領域内で 規定する操作(第3の操作)を行う。

 開発者による操作について具体例を挙げ 説明すると、図6(B)に示すように、開発対象 のウェブサイトを通じて利用者への提供を予 定しているウェブサービスのプログラムとし て、書籍検索サービス及び書籍購入サービス のプログラムが既に開発されており、上記ウ ェブサイトのUIとして、利用者が検索対象の 籍名を入力して検索を指示するための書籍 索画面、上記検索によって抽出された書籍I Dを利用者が確認し、必要に応じて書籍IDを変 更した後、購入者情報を入力して購入を指示 するための書籍購入画面、及び、利用者が購 入処理の結果を確認するための結果表示画面 へ順に遷移するUIを構築する場合、開発者は 書籍検索画面については、書籍名を入力す ための情報入力/表示欄及び書籍検索サービ スを呼び出すための条件起動ボタンを画面内 に各々配置する操作を行うことで書籍検索画 面を作成し、当該書籍検索画面内の情報入力 /表示欄を、変数格納領域のうち書籍名の格 領域と関連付ける操作を行う。

 また開発者は、書籍購入画面については 書籍IDの表示及び入力を行うための情報入 /表示欄、購入者の情報を入力するための情 入力/表示欄及び書籍購入サービスを呼び出 すための条件起動ボタンを画面内に各々配置 する操作を行うことで書籍購入画面を作成し 、当該書籍購入画面内のうち書籍IDの表示及 入力を行うための情報入力/表示欄を、変数 格納領域のうち書籍IDの格納領域と関連付け と共に、購入者情報を入力するための情報 力/表示欄を、変数格納領域のうち購入者情 報の格納領域と関連付ける操作を行う。また 開発者は、結果表示画面については、結果情 報を表示するための情報入力/表示欄及び画 の消去を指示するためのボタン(図6(B)に示す 「OK」と表記したボタン)を画面内に各々配置 する操作を行うことで結果表示画面を作成し 、当該結果表示画面内の情報入力/表示欄を 変数格納領域のうち結果情報の格納領域と 連付ける操作を行う。

 更に開発者は、書籍検索画面が表示され いる状態で当該画面内の条件起動ボタンが 択されると書籍検索画面から書籍購入画面 遷移し、書籍購入画面が表示されている状 で当該画面内の条件起動ボタンが選択され と書籍購入画面から結果表示画面へ遷移す ように、各画面の遷移を規定する操作を行 。以上の操作により図6(B)に示すUIを規定す ことができる。

 なお、利用者への提供を予定している個 のウェブサービスを単位として変数格納領 を設ける従来方式で上記のUIを構築しよう した場合、例として図7に示すように、書籍 入画面内に設けられ書籍IDの表示及び入力 行うための情報入力/表示欄を、書籍検索サ ビスに対応する変数格納領域内の書籍IDの 納領域、及び、書籍購入サービスに対応す 変数格納領域内の書籍IDの格納領域と各々関 連付ける必要がある。しかしながら、UI構築 ールが準拠しているJSF等の規格では、個々 情報入力/表示欄と関連付けることが可能な 変数格納領域内の格納領域の数が各々1個に 限されており、上記のように書籍IDの表示及 び入力のための書籍購入画面内の情報入力/ 示欄を複数の格納領域と関連付けることが きないので、図6(B)に示すようなUIは構築で ない。これに対して本実施形態では、先に 明した条件起動ボタン生成処理において、 数定義情報に重複定義されている変数の格 領域を共通化した変数格納領域を生成して るので、図6(B)に示すように、書籍IDの表示 び入力のための書籍購入画面内の情報入力/ 示欄を単一の格納領域と関連付けるのみで 6(B)に示すUIを構築することができ、実現可 なUIの設計の自由度を向上させることがで る。

 また、上記は条件起動ボタンが配置され 通常のUI画面を含むUIの構築についての説明 であるが、リンク呼出UI画面についても、ウ ブサービスの処理結果を表示するための情 入力/表示欄を設け、設けた情報入力/表示 をウェブサービスの処理結果が格納される 納領域と関連付ける操作(第2の操作)が少な とも行われる。また、リンク呼出UI画面には 無条件起動ボタンに加え、第1の操作を行う とで条件起動ボタンを更に配置してもよく リンク呼出UI画面に配置した条件起動ボタン が選択されたことを契機として他のUI画面へ 移させる場合には、リンク呼出UI画面から 遷移を画面遷移定義領域内で規定する操作( 3の操作)も行われる。

 UIを規定する操作が完了すると、開発者 UI構築ツールに対し、前記UIを実現するプロ ラムの生成を指示する。これによりUI構築 ールは、開発者によって構築されたUIを実現 する(クライアント端末42(図8参照)からの要求 に応じて、クライアント端末42のディスプレ 44に各UI画面を順に表示させる)画面制御プ グラムを生成する。この画面制御プログラ は、個々のUI画面を規定するデータと、利用 者により個々のUI画面を介して各種の操作が われた場合の処理を規定するプログラムを んで構成されるが、各種のウェブサービス 呼び出すための条件起動ボタンが設けられ UI画面については、先に説明した条件起動 タン生成処理によって生成されて前記条件 動ボタンに付加されている呼出プログラム 読み出され、読み出された呼出プログラム 、前記条件起動ボタンが利用者によって選 された場合の処理を規定するプログラムと て用いられる(画面制御プログラムに組み込 れる)。また、無条件起動ボタンが設けられ たリンク呼出UI画面については、先に説明し 無条件起動ボタン生成処理によって変更さ て無条件起動ボタンに付加されている呼出 ログラムが、リンクからリンク呼出UI画面 呼び出された際に無条件に行う処理を規定 るプログラムとして用いられる(画面制御プ グラムに組み込まれる)。

 以上の操作・処理により、画面制御プロ ラム及びウェブサービス提供プログラムを むアプリケーション・プログラムの開発が 了する。このように、本実施形態では、ウ ブサービス提供プログラムについては、ウ ブサービス作成ツールを利用することでコ ディング作業を行うことなく開発すること でき、画面制御プログラムについても、事 に条件起動ボタン生成処理を行い、利用者 の提供を予定している個々のウェブサービ の変数定義情報に重複定義されている変数 格納領域を共通化した変数格納領域を生成 ておくと共に、利用者への提供を予定して る個々のウェブサービスを呼び出す呼出プ グラムを付加した条件起動ボタンを生成し おくことで、開発者は、UI構築ツールを利 し、UI構築ツールの作成画面のパレット内に 表示される前記条件起動ボタンを画面内に配 置する操作を含む各種の操作を行うことで、 コーディング作業を行うことなく所望のUIの 築(画面制御プログラムの開発)を行うこと できる。

 また、構築対象のUIの中にリンク呼出UI画 面が含まれている場合にも、開発者が、リン ク呼出UI画面で処理結果が表示される特定の ェブサービスに対応する特定の条件起動ボ ンを選択し、選択した条件起動ボタンを作 中のUI画面内に配置し、作成中のUI画面内に 配置した条件起動ボタンを「SubmitOnLoad機能」 をオンにする操作を行えば、作成中のUI画面 に配置した条件起動ボタンが無条件起動ボ ンに変更され、作成中のUI画面がリンク呼 UI画面になるので、リンク呼出UI画面を含むU Iの構築についてもコーディング作業を行う となく実現することができる。従って、画 制御プログラム及びウェブサービス提供プ グラムを含むアプリケーション・プログラ を非常に短い期間で開発することが可能と る。

 次に、アプリケーション・プログラムの 行時(ウェブサイトの稼働時)の動作につい 説明する。アプリケーション・プログラム 実行時には、図8に示すように、開発したア リケーション・プログラムのうち、画面制 プログラムがアプリケーション・サーバ34 記憶部34Cにインストールされ、ウェブサー ス提供プログラムがウェブサービス提供サ バ36の記憶部36Cにインストールされる。

 アプリケーション・サーバ34上(詳しくは ラットフォーム・プログラムによって提供 れるプラットフォーム上)で実行される画面 制御プログラムは、クライアント端末42を介 て利用者からUI画面の配信が要求される毎 、配信が要求されたUI画面のデータを要求元 のクライアント端末42へ送信することで、配 が要求されたUI画面を要求元のクライアン 端末42のディスプレイ44に表示させる。また 利用者がキーボード46等を操作することで ィスプレイ44に表示されたUI画面内の情報入 /表示欄内に入力された情報は、クライアン ト端末42のメモリ42B等に一旦記憶された後に 所定のタイミング(例えば次のUI画面への遷 のトリガとなる条件起動ボタンが選択され 等のタイミング)でアプリケーション・サー バ34へ転送される。

 アプリケーション・サーバ34上で動作し いるプラットフォーム・プログラムは、利 者によってUI画面内の情報入力/表示欄内に 力された情報をアプリケーション・サーバ34 がクライアント端末42から受信すると、受信 た情報を、アプリケーション・サーバ34の モリ34B上に設けられた変数格納領域のうち 情報が入力された情報入力/表示欄と予め関 付けされた格納領域に格納させる(図6(B)に バインドによる自動代入」と表記した実線 矢印のうち右向きの矢印に相当する処理:請 項5に記載の同期処理に相当)。

 また、UI画面内のうち任意のウェブサー スを呼び出すための条件起動ボタンが利用 によって選択された場合には、選択された 件起動ボタンに付加されている呼出プログ ムにより、対応するウェブサービスのプロ ラムがウェブサービス提供サーバ36上(詳し はプラットフォーム・プログラムによって 供されるプラットフォーム上)で起動される 共に、変数格納領域のうち起動されたプロ ラムにおける入力変数に対応する格納領域( 予め設定された格納領域)内のデータが変数 納領域から読み出され、読み出されたデー が起動されたプログラムへ入力変数として き渡される(図6(B)に「呼出プログラムによる 代入」と表記した破線の矢印のうち右向きの 矢印に相当する処理)。これにより、利用者 よって選択された条件起動ボタンに対応す ウェブサービスを実現するための処理がウ ブサービス提供サーバ36上で実行される。な お、ウェブサービスを実現するための処理が DBへのアクセスを含んでいる場合、アプリケ ション・サーバ34経由でウェブサービス提 サーバ36からDBサーバ38へDBへのアクセスが指 示されることでDBへのアクセスが実現される

 また、ウェブサービス提供サーバ36上で 動されたプログラムによる処理が終了する 、ウェブサービス提供サーバ36からアプリケ ーション・サーバ34へ出力変数に相当するデ タが引き渡され、呼出プログラムにより、 き渡されたデータを変数格納領域のうちの 力変数に対応する格納領域(予め設定された 格納領域)内に格納する処理(図6(B)に「呼出プ ログラムによる代入」と表記した破線の矢印 のうち左向きの矢印に相当する処理)がアプ ケーション・サーバ34上で行われる。また、 上記処理によって新たにデータが格納された 格納領域が何れかのUI画面内の情報入力/表示 欄と関連付けられている場合には、アプリケ ーション・サーバ34上で動作しているプラッ フォーム・プログラムにより、上記格納領 に新たに格納されたデータをUI画面内の関 付けられた情報入力/表示欄に表示させる処 が行われる(図6(B)に「バインドによる自動 入」と表記した実線の矢印のうち左向きの 印に相当する処理:請求項6に記載の同期処理 に相当)。これにより、ウェブサイトを通じ 各種のウェブサービスが利用者に提供され ことになる。

 一例として、図6(B)に示す各UI画面から成 ウェブサイトが利用者によってアクセスさ た場合、まず利用者が操作しているクライ ント端末42のディスプレイ44に書籍検索画面 が表示される。また、利用者が書籍検索画面 内の書籍名の入力/表示欄内に検索対象の書 名を入力した後に、「検索」と表記された 件起動ボタン(書籍検索サービスを呼び出す めのボタン)を選択すると、書籍名の入力/ 示欄内に入力された書籍名は、プラットフ ーム・プログラムによって変数格納領域の 籍名の格納領域に一旦格納された後に、呼 プログラムによって起動された書籍検索サ ビスのプログラムに入力変数として引き渡 れる。また、クライアント端末42のディスプ レイ44に表示されているUI画面は、「検索」 表記された条件起動ボタンが選択されたこ に伴って書籍購入画面に切り替わるが、書 検索サービスの出力変数としての書籍IDは呼 出プログラムによって変数格納領域の書籍ID 格納領域に一旦格納された後に、プラット ォーム・プログラムによって書籍購入画面 の書籍IDの入力/表示欄に表示される。

 また利用者は、ディスプレイ44に書籍購 画面が表示されると、当該画面内の書籍IDの 入力/表示欄に表示された書籍IDを確認し、必 要に応じて書籍IDを上書き入力すると共に、 入者情報の入力/表示欄内に購入者情報を入 力した後に、「購入」と表記された条件起動 ボタン(書籍購入サービスを呼び出すための タン)を選択する。これにより、購入者情報 入力/表示欄内に入力された購入者情報は、 プラットフォーム・プログラムによって変数 格納領域の購入者情報の格納領域に格納され (利用者によって書籍IDの上書き入力が行われ た場合は、上書き入力後の書籍IDも対応する 納領域に格納される)、その後、変数格納領 域内に格納されている書籍ID及び購入者情報 、呼出プログラムによって起動された書籍 入サービスのプログラムに入力変数として き渡される。更に、クライアント端末42の ィスプレイ44に表示されているUI画面は、「 入」と表記された条件起動ボタンが選択さ たことに伴って結果表示画面に切り替わる 、書籍購入サービスの出力変数としての結 情報は呼出プログラムによって変数格納領 の結果情報の格納領域に一旦格納された後 、プラットフォーム・プログラムによって 果表示画面内の結果情報の情報入力/表示欄 に表示される。

 次に、リンク呼出UI画面のアドレス情報(U RL)を含むリンク情報が埋め込まれているリン クが付加されている任意の文書がクライアン ト端末42のディスプレイ44に表示されている 態で、上記のリンクが選択されることでリ ク呼出UI画面が直接呼び出された場合の動作 について説明する。なお、上記の任意の文書 は、リンクを付加可能な文書であればよく、 例えばテキスト文書やスプレッドシート、プ レゼンテーション文書、電子メール文書、ウ ェブページ等、各種のアプリケーションの何 れかによって表示可能な各種文書の何れであ ってもよい。

 リンクが選択されることでリンク呼出UI 面が直接呼び出されると、アプリケーショ ・サーバ34上でプラットフォーム・プログラ ムが起動されるが、呼び出されたリンク呼出 UI画面に処理結果が表示される特定のウェブ ービスが、入力変数無しのウェブサービス( 例えば一覧情報を取得するウェブサービス等 )である場合は、図9に示すように、選択され リンクに埋め込まれているリンク情報がリ ク呼出UI画面のアドレス情報(URL)のみから構 成され、処理パラメータは付加されていない ので、起動されたプラットフォーム・プログ ラムにより、呼び出されたリンク呼出UI画面 情報を読み込み、前記リンク呼出UI画面の 信用の情報を生成する処理が直ちに行われ 。

 ここで、呼び出されたリンク呼出UI画面 には無条件起動ボタンが配置されているの 、リンク呼出UI画面の配信用の情報を生成す る処理では、まず無条件起動ボタンに付加さ れている呼出プログラムがアプリケーション ・サーバ34で無条件に実行される。そしてこ 呼出プログラムにより、対応するウェブサ ビスのプログラムをウェブサービス提供サ バ36上で起動する処理が行われ(図9のステッ プ110)。対応するウェブサービスを実現する めの処理がウェブサービス提供サーバ36上で 実行される(図9のステップ116)。

 また、ウェブサービス提供サーバ36上で 動されたプログラムによる処理(例えば一覧 得処理)が終了すると、ウェブサービス提供 サーバ36からアプリケーション・サーバ34へ 理結果に相当する情報(出力変数)が引き渡さ れ、呼出プログラムにより、引き渡されたデ ータを変数格納領域のうちの出力変数に対応 する格納領域内に格納する処理(図9のステッ 110、図9に「格納」と表記した破線の矢印も 参照)が行われる。また、上記処理によって たにデータが格納された格納領域は、UI構築 時に開発者によって行われた第2の操作によ てリンク呼出UI画面と関連付けられており、 アプリケーション・サーバ34上で動作してい プラットフォーム・プログラムにより、上 格納領域に新たに格納されたデータをリン 呼出UI画面内の関連付けられた情報入力/表 欄に表示させる処理が行われる(図9に「バ ンドによる自動代入」と表記した実線の矢 も参照)。

 そして、ウェブサービスによる処理結果 表示されたリンク呼出UI画面がクライアン 端末42へ配信され(図9のステップ114)、クライ アント端末42のディスプレイ44に表示される とになる。なお、このときディスプレイ44に 表示されるリンク呼出UI画面上では、リンク 出UI画面に配置されている無条件起動ボタ が、無条件起動ボタン生成処理で変更され ボタンの属性情報に従い、非可視表示(透明 ボタンとして表示)される(図9に薄く示した 一覧取得」のボタンも参照)。

 続いて、リンクが選択されることで呼び されたリンク呼出UI画面に処理結果が表示 れる特定のウェブサービスが、入力変数有 のウェブサービス(例えば入力変数として与 られた書籍IDに合致する書籍を注文する書 注文処理を行うウェブサービス等)である場 について説明する。

 リンクが選択されることでリンク呼出UI 面が直接呼び出されると、前述のようにア リケーション・サーバ34上でプラットフォー ム・プログラムが起動されるが、呼び出され たリンク呼出UI画面に処理結果が表示される 定のウェブサービスが入力変数有りのウェ サービスである場合、選択されたリンクに め込まれているリンク情報は、例として図1 0に示すように、リンク呼出UI画面のアドレス 情報(URL)に処理パラメータ(図10に示す"book=yyyy "の例では、変数(処理パラメータ)名が"book"、 変数の値が"yyyy"となっている)が付加されて 成される。起動されたプラットフォーム・ ログラムは、選択されたリンクに埋め込ま ているリンク情報に処理パラメータが付加 れていた場合、リンク情報に付加されてい 処理パラメータ(変数名及び変数の値)を取得 し、取得した変数名をキーにして変数格納領 域を検索することで対応する格納領域を検索 し、検索によって抽出された格納領域に先に 取得した変数の値を格納する処理を行う(図10 のステップ120も参照)。

 次に、プラットフォーム・プログラムに り、呼び出されたリンク呼出UI画面(図10の では結果表示画面)の情報を読み込み、前記 ンク呼出UI画面の配信用の情報を生成する 理が行われるが、呼び出されたリンク呼出UI 画面内には無条件起動ボタンが配置されてい るので、リンク呼出UI画面の配信用の情報を 成する処理では、まず無条件起動ボタンに 加されている呼出プログラムがアプリケー ョン・サーバ34で無条件に実行され、この 出プログラムにより、プラットフォーム・ ログラムによって対応する格納領域に一旦 納された処理パラメータを入力変数(引数)と して、対応するウェブサービスのプログラム をウェブサービス提供サーバ36上で起動させ 処理が行われる(図10のステップ122も参照)。 これにより、プラットフォーム・プログラム によって対応する格納領域に一旦格納された 処理パラメータが、ウェブサービス提供サー バ36上で起動されたウェブサービスのプログ ムに入力変数(引数)として引き渡され、ウ ブサービス提供サーバ36では、入力変数(引 )として引き渡された処理パラメータに従い 対応するウェブサービスを実現するための 理(例えば図10の例では、書籍ID("book")が入力 変数として引き渡された値に一致する書籍を 注文する書籍注文処理)が実行される(図10の テップ128も参照)。

 また、ウェブサービス提供サーバ36上で 動されたプログラムによる処理(例えば書籍 文処理)が終了すると、ウェブサービス提供 サーバ36からアプリケーション・サーバ34へ 理結果に相当する情報(出力変数)が引き渡さ れ、呼出プログラムにより、引き渡されたデ ータを変数格納領域のうちの出力変数に対応 する格納領域内に格納する処理(図10のステッ プ124、図10に「格納」と表記した破線の矢印 参照)がアプリケーション・サーバ34上で行 れる。また、上記処理によって格納領域に たに格納されたデータは、アプリケーショ ・サーバ34上で動作しているプラットフォ ム・プログラムにより、格納領域に関連付 られたリンク呼出UI画面内の情報入力/表示 に表示される(図10に「バインドによる自動 入」と表記した実線の矢印も参照)。

 そして、プラットフォーム・プログラム より、ウェブサービスによる処理結果が表 されたリンク呼出UI画面が生成されてクラ アント端末42へ配信され(図10のステップ126も 参照)、生成されたリンク呼出UI画面がクライ アント端末42のディスプレイ44に表示される とになる。なお、このときディスプレイ44に 表示されるリンク呼出UI画面についても、当 リンク呼出UI画面に配置されている無条件 動ボタンが、非可視表示(透明なボタンとし 表示)される(図10に薄く示した「注文」のボ タンも参照)。上述した処理により、リンク 選択することでリンク呼出UI画面を呼び出し た利用者に対しても各種のウェブサービスが 提供されることになる。

 なお、上記ではリンクが選択されること 呼び出されるリンク呼出UI画面に、入力変 有りのウェブサービスを起動するための起 ボタンとして無条件起動ボタンが配置され いる態様を説明したが、本発明はこれに限 されるものではなく、上記の無条件起動ボ ンに代えて、条件起動ボタン(UI画面内に配 されている起動シンボルが選択された場合 起動・変数授受処理を行うプログラムが付 された起動シンボル)が配置されていてもよ 。以下、リンクが選択されることで、入力 数有りのウェブサービスを起動するための 動ボタンとして条件起動ボタンが配置され リンク呼出UI画面が呼び出された場合の動 を説明する。

 例として図11に示すように、リンク呼出UI 画面のアドレス情報(URL)に処理パラメータ(例 えば書籍ID)が付加されたリンク情報が埋め込 まれたリンクが選択されることで、リンク呼 出UI画面が直接呼び出されると、前述のよう アプリケーション・サーバ34上でプラット ォーム・プログラムが起動され、起動され プラットフォーム・プログラムは、リンク 報に付加されている処理パラメータ(変数名 び変数の値)を取得し、取得した変数名をキ ーにして変数格納領域を検索することで対応 する格納領域を検索し、検索によって抽出さ れた格納領域に先に取得した変数の値を格納 する処理を行う(図11のステップ120も参照)。

 続いて、プラットフォーム・プログラム より、呼び出されたリンク呼出UI画面(図11 例では書籍注文画面)の情報を読み込み、前 リンク呼出UI画面の配信用の情報を生成す 処理が行われるが、図11に示す例では、呼び 出されたリンク呼出UI画面内に条件起動ボタ (図11に「注文」と表記して示すボタン)が配 置されているので、この段階では条件起動ボ タンに付加されている呼出プログラムは実行 されず、対応するウェブサービスのプログラ ムが起動されることで処理が中断されること なく、リンク呼出UI画面の配信用の情報が生 されてクライアント端末42へ配信され(図11 ステップ130)、クライアント端末42のディス レイ44にリンク呼出UI画面が表示される。

 図11の例では、リンク呼出UI画面としての 書籍注文画面に注文数量の情報入力/表示欄 設けられており、利用者が、ディスプレイ44 に表示され書籍注文画面の注文数量の情報入 力/表示欄内に注文数量を入力した後に、「 文」と表記された条件起動ボタン(書籍注文 ービスを呼び出すためのボタン)を選択する 操作を行うと(図11のステップ132の判定が肯定 されると)、注文数量の情報入力/表示欄内に 力された注文数量は、プラットフォーム・ ログラムによって変数格納領域の注文数量 格納領域に格納される。また、条件起動ボ ンが選択されたことに伴い、条件起動ボタ に付加されている呼出プログラムがアプリ ーション・サーバ34で実行され、この呼出 ログラムにより、プラットフォーム・プロ ラムによって対応する格納領域に一旦格納 れた処理パラメータ(リンク呼出UI画面のア レス情報に付加されていた処理パラメータ( えば書籍ID)及び利用者によって入力された 文数量)を入力変数(引数)として、対応する ェブサービスのプログラムをウェブサービ 提供サーバ36上で起動させる処理が行われ (図11のステップ134も参照)。

 これにより、プラットフォーム・プログ ムによって対応する格納領域に一旦格納さ た処理パラメータが、ウェブサービス提供 ーバ36上で起動されたウェブサービスのプ グラムに入力変数(引数)として引き渡され、 ウェブサービス提供サーバ36では、入力変数( 引数)として引き渡された処理パラメータに い、対応するウェブサービスを実現するた の処理(例えば図11の例では、書籍ID("book")が 力変数として引き渡された値に一致する書 を、入力変数として引き渡された注文数量 同数だけ注文する書籍注文処理)が実行され る(図11のステップ140も参照)。

 また、ウェブサービス提供サーバ36上で 動されたプログラムによる処理(例えば書籍 文処理)が終了すると、ウェブサービス提供 サーバ36からアプリケーション・サーバ34へ 理結果に相当する情報(出力変数)が引き渡さ れ、呼出プログラムにより、引き渡されたデ ータを変数格納領域のうちの出力変数に対応 する格納領域内に格納する処理(図11のステッ プ136、図11に「格納」と表記した破線の矢印 参照)がアプリケーション・サーバ34上で行 れる。また、プラットフォーム・プログラ により、ウェブサービスによる処理結果を 示するUI画面(例えば図11に示す結果表示画 )の配信用の情報が生成され、呼出プログラ によって格納領域内に格納されたデータ(出 力変数)は、前記UI画面内の情報入力/表示欄 表示される(図11に「バインドによる自動代 」と表記した実線の矢印も参照)。そして、 成されたUI画面はプラットフォーム・プロ ラムによってクライアント端末42へ配信され (図11のステップ138も参照)、クライアント端 42のディスプレイ44に表示される。

 また、上記では本発明に係る第1プログラ ムに相当する画面制御プログラムと、本発明 に係る第2プログラムに相当するウェブサー ス提供プログラムが、異なるコンピュータ( プリケーション・サーバ34及びウェブサー ス提供サーバ36)で実行される態様を説明し が、これに限定されるものではなく、第1プ グラム及び第2プログラムを同一のコンピュ ータで実行させるようにしてもよい。

 また、上記では条件起動ボタンを一旦生 した後に、生成した条件起動ボタンのうちS ubmitOnLoad機能をオンする操作が行われた条件 動ボタンの情報を変更することで、同一の ェブサービスを無条件に(リンク呼出UI画面 呼び出されると)起動する無条件起動ボタン を生成する態様を説明したが、これに限定さ れるものではなく、条件起動ボタンの生成と 独立して無条件起動ボタンの生成を行うよう にしてもよい。

 更に、上記ではインターネット40を通じ ウェブサイト(アプリケーション・サーバ34) アクセスした利用者に対して所定のウェブ ービスを提供する態様を説明したが、これ 限定されるものではなく、インターネット4 0に代えてイントラネットを用い、当該イン ラネットに接続可能な利用者(例えば特定企 の従業員)に所定のウェブサービスを提供す る等の態様にも適用可能である。

 更に、上記では本発明に係るアプリケー ョン開発支援プログラムに対応する条件起 ボタン生成プログラム及び無条件起動ボタ 生成プログラムがクライアント端末16の記 部16Cに予め記憶(インストール)され、同じく アプリケーション開発支援プログラムに対応 するプラットフォーム・プログラムがアプリ ケーション・サーバ34の記憶部34Cに予め記憶( インストール)されている態様を説明したが 本発明に係るアプリケーション開発支援プ グラムは、CD-ROMやDVD-ROM等の記録媒体に記録 れている形態で提供することも可能である この態様における記録媒体は請求項10に記 の記録媒体に対応している。

符号の説明

10  コンピュータ・システム
12  サーバ・コンピュータ
16  クライアント端末
30  コンピュータ・システム
34  アプリケーション・サーバ
36  ウェブサービス提供サーバ
42  クライアント端末