Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
手術用レーザ切断デバイス
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2014528804
Kind Code:
A
Abstract:
電磁切刃を与えるための手術用ハンドピースを提供する。ハンドピースは、入力端及び出力端を有する本体部分と、所定の波長範囲内の波長を有するレーザエネルギを受け入れるための複数の光ファイバであって、入力端で本体部分に受け入れられ、かつ出力端まで延びる複数の光ファイバと、複数の光ファイバを出力端で所定の切断形状に配置するために本体部分内にある光ファイバ移行領域とを含み、出力端に配置された光ファイバから伝達されるレーザエネルギは、手術ターゲットの近くで流体分子と相互作用し、切断効果をもたらす微小爆裂を発生させる。【選択図】 図3B

More Like This:
Inventors:
ボウトウソフ ドミトリ
ネッチタイロ ウラジミール
カリーニョ アマド
Application Number:
JP2014534649A
Publication Date:
October 30, 2014
Filing Date:
October 03, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
バイオレイズ,インク.
International Classes:
A61B18/20; A61C3/02
Domestic Patent References:
JPH11511386A1999-10-05
JP2003135483A2003-05-13
JPH10211211A1998-08-11
JPS60148566A1985-08-05
Attorney, Agent or Firm:
辻居 Koichi
Sadao Kumakura
Pupil circle 健
Sari Ino
Matsushita 満
Ichiro Kurasawa
Kazushige Tanzawa