Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
サイクロンアンダーフロー中の微細物質を低減する液体サイクロン
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015506837
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、原料スラリー(6)用の接線方向入口(4)を備えたインフロー領域(2)を含み、インフロー領域(2)に隣接し、且つ粗物質又は粗顆粒を排出するためのアンダーフローノズル(8)を含む分離用領域(3)を含む、液体サイクロン(1)に関する。本発明によれば、バリア流体流(7)を供給するための少なくとも1つの追加入口(5)が接線方向入口(4)の領域内に設けられ、前記バリア流体流(7)と原料スラリー(6)は、少なくとも液体サイクロン(1)の上領域内において、ラメラ(10)によって互いに分離されている。本発明は、また、本発明による液体サイクロン(1)を動作するための方法に関する。【選択図】図1

Inventors:
クレーマー,ミヒャエル
Application Number:
JP2014555978A
Publication Date:
March 05, 2015
Filing Date:
February 08, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
アンリツ エナジー アンド エンヴァイロメント ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツングANDRITZ Energy & Environment GmbH
International Classes:
B03B5/28; B04C5/04; B04C5/14; B04C5/18; B04C5/23
Domestic Patent References:
JPS54128060A1979-10-04
JPS5481561A1979-06-29
JP2008513625A2008-05-01
JPH04141251A1992-05-14
JPS60255122A1985-12-16
JPS472228B1
JPS472491A
JPS328395B1
JPS6090054A1985-05-21
JPS54128060A1979-10-04
JPS5481561A1979-06-29
JP2008513625A2008-05-01
JPH04141251A1992-05-14
JPS60255122A1985-12-16
JPS472228B1
JPS472491A
JPS328395B1
JPS6090054A1985-05-21
Foreign References:
US4696737A1987-09-29
US4969634A1990-11-13
CN1191159A1998-08-26
US4696737A1987-09-29
US4969634A1990-11-13
CN1191159A1998-08-26
Attorney, Agent or Firm:
Patent business corporation north Aoyama International