Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
シアリル化オリゴ糖を提供するための方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015508388
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、ヒト乳オリゴ糖(HMO)の類似体、特に、末端シアル酸を含むオリゴ糖を提供するための方法に関する。この方法は、以下の工程を含む:a)少なくとも2つの末端結合したβ連結ガラクトース残基を含む非消化性ガラクトオリゴ糖(GOS)の供給源を提供すること;b)(α2−3)シアリル化Oグリカンを有するシアル酸供与体を提供すること;c)前記GOSと前記シアル酸供与体を、酵素反応混合物中のトランスシアリダーゼ活性を有する酵素の存在において接触させること;及びd)前記酵素反応混合物から、乾燥物に基づくジシアリル化ガラクトオリゴ糖(ジ−Sia−GOS)の少なくとも20重量パーセントを含む分画を単離すること。

Inventors:
サロモンス,エリック
ヴィルブリンク,マールテン・ホーツェ
サンデルス,ピーテル
カメルリンク,ヨハンニス・パウルス
ファン・ヴーレ,カタリナ・アンナ
ハーヘ,ヨハネス・アドリアヌス
Application Number:
JP2014545846A
Publication Date:
March 19, 2015
Filing Date:
December 06, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
フリースランド・ブランズ・ビー・ブイ
ライクスユニヴェルシタイト・フローニンゲン
ダーリン・イングリーディエンツ・ネーデルランド・ビーブイDARLING INGREDIENTS NEDERLAND B.V.
International Classes:
A61K31/702; A23C9/152; A23K1/16; A23L1/30; A23L33/00; A61P1/00; A61P31/04
Domestic Patent References:
JP2010505822A2010-02-25
JP2011513482A2011-04-28
JP2003522784A2003-07-29
JP2006509515A2006-03-23
JP2009514511A2009-04-09
JPH09509931A1997-10-07
JP3930559B22007-06-13
JP2007525487A2007-09-06
Foreign References:
WO2010006317A12010-01-14
Other References:
JPN6017007132; British Journal of Nutrition 104, 2010, 1261-1271
JPN6017007133; Biosci. Biotechnol. Biochem. 71(6), 2007, 1447-1451
Attorney, Agent or Firm:
Patent business corporation Tsukuni
Hajime Tsukuni
Yasuo Yanagibashi
Ito 佐保子
Toshio Miyake
Akio Shibata
Yasuhiro Kokuni
Yoko Tanaka
Yoshinori Ubukawa
Satoshi Tanaka