Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
エンテロコッカス・フェカリスの細胞壁高分子及びその使用
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015511610
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、腸球菌細胞壁高分子並びに細菌感染の予防及び療法におけるその使用に関する。下記β−D−GalpNAc−リビトール構造:【化1】(式中、R1はβ−D−Glcp又はα−L−Rhapから選択され、R2はH又はα−D−Glcpから選択される)、並びにその誘導体及びその薬学的に許容可能な塩からなる群から選択される腸球菌細胞壁成分。【選択図】なし

Inventors:
ヒューブナー,ヨハネス
ホルスト,オットー
テイラッカー,クリスティアン
クルシンスカ,カロリーナ
ガイス−リービッシュ,シュテファン
ベチャワ,アグニエシュカ
Application Number:
JP2015502174A
Publication Date:
April 20, 2015
Filing Date:
March 04, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ウニベルシタットスクリニクム フライベルク
フォルシュンクツェントラム ボルステル
International Classes:
C07H15/04; A61K31/7032; A61K39/09; A61K39/395; A61P31/04
Foreign References:
WO2011088843A12011-07-28
Other References:
EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, vol. 207, no. 3, JPN6017003708, 1992, pages 1063 - 1075
Attorney, Agent or Firm:
庄司 隆
資延 由利子
大杉 卓也
曽我 亜紀