Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ガス容器の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015535910
Kind Code:
A
Abstract:
ガス容器の製造方法が開示される。開示されたガス容器の製造方法は、a)ライナーブローアーマシンを利用してライナーを生産する段階;b)前記生産したライナーのネジの山部に接着剤を塗布する段階;c)前記ライナーのネジの山部にブッシング(bushing)を締結する段階;d)前記c)段階を経たライナーを、常温で30分ないし2時間放置し前記接着剤を自然硬化する段階;e)前記ライナーの外部表面をプラズマで熱処理するライナーフレーミング段階;f)前記ライナーにシャフトを締結する段階;g)複数のガラス繊維ストランドを、樹脂および硬化剤と混合した後、前記ライナーの外部表面に巻くワインディング段階;h)前記ワインディング段階を経た複合材料容器を70℃ないし90℃で70分ないし90分乾燥する乾燥硬化段階;i)前記乾燥硬化段階を経た前記複合材料容器の表面温度を35℃以下に下げるため、前記複合材料容器を常温で15分ないし40分放置するクーリング段階;j)前記複合材料容器から前記シャフトを分離する段階;k)前記複合材料容器に設置された前記ブッシングにバルブを組み立てる段階;および、l)前記複合材料容器を含むガス容器の状態を検査する検査段階;を含むことを特徴とする。

Inventors:
Kim, Gi Dong
Kwon, Gihun
Lee, Chamber
Application Number:
JP2015531839A
Publication Date:
December 17, 2015
Filing Date:
September 26, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
NORSTAR COMPOSITE CO.,LTD.
International Classes:
F16J12/00; B29C70/16; F17C1/06; F17C1/16
Domestic Patent References:
JPH08240506A1996-09-17
JP2011102614A2011-05-26
JP2009058111A2009-03-19
Attorney, Agent or Firm:
Makoto Onda
Hironobu Onda
Atsushi Honda



 
Previous Patent: ロックボルト

Next Patent: 渦巻形ガスケット