Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
微粒子の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016507550
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、条件的不死化細胞によって微粒子を製造することができるという知見に基づく。条件的不死化細胞は幹細胞とすることができる。実施例は、条件的不死化された神経幹細胞及びCD34+細胞からの微粒子の回収に成功したことが示す。条件的不死化は、エキソソームなどの微粒子を産生するクローン細胞の安定供給を提供する。条件的不死化細胞は、条件的不死化細胞から典型的には回収又は単離される、エキソソームなどの微粒子のための「プロデューサー細胞」として有用である。【選択図】なし

Inventors:
シンデン,ジョン
スティーバナト,ララ
コーテリング,ランドルフ
Application Number:
JP2015556576A
Publication Date:
March 10, 2016
Filing Date:
February 12, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ReNeuron Limited
International Classes:
A61K35/12; A61K35/15; A61K35/28; A61K35/30; A61K35/33; A61K35/48; A61K35/51; A61K35/545; A61P43/00; C07K14/47; C12N15/09; C12P21/00; C12Q1/06
Foreign References:
WO2013150303A12013-10-10
WO2014013258A12014-01-23
WO2011062244A12011-05-26
WO2011149354A12011-12-01
WO2011053257A22011-05-05
Other References:
KIDNEY INT., vol. Vol.72, JPN6017042882, 2007, pages 1095 - 1102
EXP. NEUROL., vol. Vol.199, JPN5015008381, 2006, pages 143 - 155
TRANSPLANTATION, vol. Vol.77, JPN6018039998, 2004, pages 1357 - 1365
Attorney, Agent or Firm:
平木 祐輔
藤田 節
新井 栄一
田中 夏夫
菊田 尚子
鶴田 聡子