Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
砲身自動掃除装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016522878
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、モータに連動する移送ローラにより砲身の内外側に前後進する円筒状の胴体に組み付けられた掃除手段を備えて複数の施条が形成されている砲身の内面を掃除するための砲身掃除自動装置において、前記掃除手段は、円周に沿って複数の挿入孔が備えられている円筒管と、前記モータに連動する回転ギアと、前記挿入孔に挿入する回転軸と、該回転軸の下部に結合し、前記回転ギアに連動して掃除部材を回転させるベベルギアを備えた掃除部材とから構成され、前記挿入孔は、前記回転軸の断面に対応する円の一部を断面形状とする小孔と、前記小孔と側方向に連通して前記回転軸の下部分のうち、最も大きい断面よりも大きい円の一部を断面形状とする大孔とを有しており、掃除部材の固定時には前記掃除部材を前記小孔側に密着して固定するが、固定解除時には前記大孔を通じて掃除部材が前記円筒管の外側に分離されることを妨げないようにする固定部材を備える砲身自動掃除装置を提供する。【選択図】図4

Inventors:
アン サンジン
Application Number:
JP2016512808A
Publication Date:
August 04, 2016
Filing Date:
August 30, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
スソン マシナリー カンパニー リミテッド
International Classes:
B08B9/051; F41A29/00
Domestic Patent References:
JPH07239199A1995-09-12
JPH10122791A1998-05-15
Foreign References:
US20080229644A12008-09-25
US20070240353A12007-10-18
Attorney, Agent or Firm:
家入 健