Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
余剰電気エネルギーを効率的に利用するためのプラント及び方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016533387
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、エチンを少なくとも1種の炭化水素の部分酸化によって製造するための、第一のエチンを含有する生成物ガス流を発生させる第一の装置、エチンを電熱により製造するための、第二のエチンを含有する生成物ガス流を発生させる第二の装置、及びエチンをガス流から分離するための、第一と第二の生成物ガス流の両方が供給される分離装置を有するプラントに関する。前記プラントは、エチンを電熱により製造するための装置を余剰電気エネルギーにより運転することによって、余剰電気エネルギーを効率的に利用することができる。

Inventors:
Georg Markovts
Thomas Wenzel
Stephan Heineke
Ingrid Land-League
Suriyallau
Application Number:
JP2016541888A
Publication Date:
October 27, 2016
Filing Date:
September 05, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Evonik Degussa GmbH
International Classes:
C07C6/00; C07C7/04; C07C7/09; C07C11/24
Attorney, Agent or Firm:
Einzel Felix-Reinhard
Junichi Maekawa
Hiroyasu Ninomiya
Ueshima



 
Previous Patent: ヘテロ環化合物

Next Patent: がん転移の阻害