Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
がん転移の阻害
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016533388
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、がん患者の、がんの転移拡散が発生するリスクが高いかどうかを決定するため、および、患者のリスクが高い場合に、患者を、転移のリスクが低下するように処置するための方法および組成物に関する。本発明は、少なくとも一部において、がん細胞によるセルピンの過剰発現およびセルピン分泌ならびにL1CAM媒介性血管利用が肺がんおよび乳がんの脳への転移を促進するという発見、およびセルピンまたはL1CAMの拮抗作用が転移を減少させるという発見に基づく。

Inventors:
Massag, Joan
Variente, Manuel
Application Number:
JP2016543993A
Publication Date:
October 27, 2016
Filing Date:
September 18, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Memorial Sloan-Kettering Cancer Center
International Classes:
A61K45/00; A61K31/7105; A61K39/395; A61K48/00; A61P35/04; C12Q1/66; C12Q1/68; G01N33/574
Foreign References:
Other References:
CANCER RES., vol. 73(3 Supplement), JPN6018043430, February 2013 (2013-02-01), pages Abstract A29
GENOME BIOLOGY, vol. 7, JPN6018043431, 30 May 2006 (2006-05-30), pages 216
Attorney, Agent or Firm:
Shusaku Yamamoto
Morishita Natsuki