Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ダイカッティング用スクラップ除去機
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017503671
Kind Code:
A
Abstract:
本発明のダイカッティング用スクラップ除去機は、原板NPから前記製品Pを分離するダイカッティング用スクラップ除去機1に関し、地面から直立するテーブル状の除去本体部110と、前記除去本体部110の上面に固定されて垂直移動する固定加圧離脱部120と、前記除去本体部110の上面で前後方向と垂直方向に移動される移動加圧離脱部130と、で構成されるスクラップ除去手段100で構成され、垂直移動される固定加圧離脱部と、その後方で垂直移動と前後移動する移動加圧離脱部で構成されるスクラップ除去手段を備え、多量の製品からスクラップを容易に離脱させる効果を有する。【選択図】図4

Inventors:
ソン、ビョン ジュン
ソン、ジュ ヒョン
Application Number:
JP2016548254A
Publication Date:
February 02, 2017
Filing Date:
April 28, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
SONG,Byung-jun
SONG,Ju-hyun
International Classes:
B26F1/44; B26D7/18
Domestic Patent References:
JPH04331100A1992-11-18
JPH0811097A1996-01-16
JPS61117099A1986-06-04
JP2002018789A2002-01-22
JP2001121484A2001-05-08
JP2000117694A2000-04-25
JP2003089538A2003-03-28
Foreign References:
KR20120117179A2012-10-24
Attorney, Agent or Firm:
新保 斉