Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
タービン中央フレームフェアリングアセンブリ
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017520707
Kind Code:
A
Abstract:
フレームハブ(32)とエンジンケーシング(31)との間に配置されるフェアリングアセンブリ(30)が提供される。フェアリングアセンブリは、エンジンの効率及び性能を改善するために、軽量低アルファ材料と組合せて金属構造体を使用することができる。異種材料間の相対成長が可撓性ブラケット(90)によって補償され、可撓性ブラケット(90)は、低温エンジン状態でアセンブリ構成要素のうちの1つに偏倚力を与えるとともに、エンジンの高温動作状態での成長を可能にする。【選択図】図1

Inventors:
Parry, David Walter
Grin, Christopher Charles
Schilling, John Clayton
Application Number:
JP2016560959A
Publication Date:
July 27, 2017
Filing Date:
April 13, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
GENERAL ELECTRIC COMPANY
International Classes:
F01D9/04; F01D25/24; F02C7/00; F02C7/20
Domestic Patent References:
JP2005180418A2005-07-07
JP2013520609A2013-06-06
JPH07145744A1995-06-06
JP2013057302A2013-03-28
Foreign References:
US5609467A1997-03-11
EP1149987A22001-10-31
US5292227A1994-03-08
Attorney, Agent or Firm:
Arakawa Satoshi
Hiroshi Ogura
Toshihisa Kurokawa
Takuto Tanaka