Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ウインドウ期間を用いた事象に対するタイムラグインジケータの識別する方法、システム及びコンピュータプログラム
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017531260
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】 被予測事象のタイムラグインジケータを識別する方法及びシステムを提供すること。【解決手段】 被予測事象のタイムラグインジケータを識別する方法及びシステムを説明する。該方法は、被予測事象とは異なる事象である要因の指標を含む情報を受け取ることと、事象が要因と統計的に相関するウインドウ期間を識別することとを含む。該方法はまた、ウインドウ期間の持続時間にわたって要因及び事象の発生を示すデータを収集することと、データを解析することに基づいて要因に対する事象のタイムラグ従属性を識別することとを含む。【選択図】 図2

Inventors:
リー、リー
リウ、シュエン
ドン、ウエイ、シャン
マー、チュン、ヤーン
シーン、ソーンホウ
Application Number:
JP2017515189A
Publication Date:
October 19, 2017
Filing Date:
August 14, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
INTERNATIONAL BUSINESS MACHINES CORPORATION
International Classes:
G06F19/00
Domestic Patent References:
JP2014150869A2014-08-25
JP2013130946A2013-07-04
JP2011076409A2011-04-14
Foreign References:
US20130138577A12013-05-30
US20100262027A12010-10-14
Attorney, Agent or Firm:
上野 剛史
太佐 種一