Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
角膜トポグラフィー、瞬き検出、及び、レーザ眼手術システムのための方法及びシステム
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017534337
Kind Code:
A
Abstract:
レーザ眼手術システムにおける瞬き検出方法は、幾何学的マーカーを有するトポグラフィー測定構造を提供する工程を含む。当該方法は、幾何学的マーカーからの光が患者の眼の屈折構造から反射可能であるように、トポグラフィー測定構造を当該患者の眼の近接位置に載置する工程を含み、また、トポグラフィー測定構造が前記近接位置にある間に前記患者の眼からの反射光を所定時間に亘って検出する工程を含む。本方法は、更に、前記眼の表面からの前記反射光を画像データに変換する工程と、幾何学的マーカーから反射された光が前記反射光内に存在しているか否かを決定するべく前記画像データを分析する工程と、を備え、幾何学的マーカーが存在しないと決定される場合、前記患者は前記所定時間において瞬きしたと判断される。

Inventors:
Gonzalez Javier Gee
Application Number:
JP2017516388A
Publication Date:
November 24, 2017
Filing Date:
September 25, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
OPTIMEDICA CORPORATION
International Classes:
A61F9/008; A61B3/10; A61B3/107; A61B3/113; A61F9/01
Domestic Patent References:
JP2002306417A2002-10-22
Foreign References:
US20140104574A12014-04-17
US5526072A1996-06-11
Attorney, Agent or Firm:
Shinichiro Tanaka
Teshimaru Ken
Kazuhiko Yoshida
Matsushita Mitsuru
Ichiro Kurasawa
Yasushi Yamamoto
Katsuomi Isogai