Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
好適には自動車の流体静力式クラッチアクチュエータにおいて使用される、電動機の駆動制御運動特性を最適化するための方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018500868
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、好適には自動車の流体静力式クラッチアクチュエータにおいて使用される、電動機の駆動制御運動特性を最適化するための方法であって、電動機(7)のロータ(6)の位置に依存して電動機(7)の複数の極対の転流を行い、ロータ(6)が電動機(7)のステータに対してとる位相角(φ0)からロータ(6)の位置を導出し、位相角(φ0)はセンサ(11)によって測定されて制御ユニット(9)へ伝送され、制御ユニット(9)は位相角(φ0)に依存して転流を制御する方法に関する。この方法では、各転流前に、測定された位相角(φ0)にオフセット位相角(φoff)の加算を行い、この加算によって得られた位相角和(φs)を転流の基礎とする。

Inventors:
ホセ アレクサンダー ラゾ ザマリョア
Application Number:
JP2017531294A
Publication Date:
January 11, 2018
Filing Date:
November 19, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Schaeffler Technologies AG & Co. KG
International Classes:
H02P6/15; H02P6/12
Domestic Patent References:
JP2011106296A2011-06-02
JP2006515150A2006-05-18
JPS62272877A1987-11-27
Attorney, Agent or Firm:
アインゼル・フェリックス=ラインハルト
森田 拓
前川 純一
二宮 浩康
上島 類