Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
石油製品の識別方法及び石油製品識別用組成物
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018505382
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、燃料油を構成している分子と構造的及び化学的に類似の特性を有するように、重水素(deuterium)で置換させて重水素置換燃料用識別剤を合成した。重水素で置換された識別剤の分子は、従来の燃料油を構成している分子と非常に類似するため、偽造石油の製造業者による識別剤の不法除去を防止することができる。本発明によると、燃料油の不法混合を防止して、健全な石油市場の流通秩序を確保することで、偽造石油製品から国民の安全と環境を保護するとともに、国家脱税を防止することができる。【選択図】なし

Inventors:
リム, ヨン−クワン
ベ, ヒ−ヨン
リ, キョン−ヘム
リュ, セン−ヒュン
ヨン, ジュ ミン
キム, ジョン リェル
ファン, イン ハ
ハ, ジョン ハン
Application Number:
JP2016575649A
Publication Date:
February 22, 2018
Filing Date:
November 09, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
KOREA INSTITUTE OF PETROLEUM MANAGEMENT
International Classes:
G01N24/08; C07B59/00; G01N27/62; G01N30/06; G01N30/72; G01N30/88; G01N33/22
Domestic Patent References:
JP2005502760A2005-01-27
JP2011095170A2011-05-12
JP2006023184A2006-01-26
JPH09257780A1997-10-03
JPH0894579A1996-04-12
JP2005502760A2005-01-27
JP2011095170A2011-05-12
JP2006023184A2006-01-26
JPH09257780A1997-10-03
JPH0894579A1996-04-12
Foreign References:
US20050019939A12005-01-27
US20050019939A12005-01-27
Attorney, Agent or Firm:
長門 侃二