Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
患者における持続性および/または生着を増加させるために同種T細胞を改変する方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018509148
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、宿主生物における持続性および/または生着のより高い可能性を有する、免疫治療のための、T細胞のような操作された免疫細胞を開発する方法に関する。具体的には、この方法は、少なくとも1種の非内在性免疫抑制ポリペプチドとの接触の工程と組み合わせられた、自己/非自己認識に関与する少なくとも1種の遺伝子の不活化を含む。本発明は、それによってGvHのリスクが低下する、標準的でかつ入手可能な養子免疫治療の可能性を提供する。

Inventors:
ドゥシャトー フィリップ
カバニオル ジャン−ピエール
ヴァルトン ジュリアン
ポアロ ローラント
Application Number:
JP2017547087A
Publication Date:
April 05, 2018
Filing Date:
March 11, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
CELLECTIS
International Classes:
C12N5/10; A61K35/17; A61P31/12; A61P35/00; C12N15/09; C12Q1/02
Foreign References:
WO2014191128A12014-12-04
WO2014184741A12014-11-20
Other References:
HIROKI TORIKAI ET. AL.: "A foundation for universal T-cell based immunotherapy: T cells engineered to express a CD19-specific", BLOOD, vol. 119, no. 24, JPN6019051368, 2012, pages 5697 - 5705, ISSN: 0004184843
ZHILI RONG ET. AL.: "An Effective Approach to Prevent Immune Rejection of Human ESC-Derived Allografts", CELL STEM CELL, vol. 14, no. 1, JPN6019051369, 2014, pages 121 - 130, XP055343379, ISSN: 0004184844, DOI: 10.1016/j.stem.2013.11.014
Attorney, Agent or Firm:
清水 初志
春名 雅夫
山口 裕孝
刑部 俊
井上 隆一
佐藤 利光
新見 浩一
小林 智彦
小寺 秀紀
大関 雅人
五十嵐 義弘
川本 和弥