Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
液晶媒体
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018537553
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、式Iの1以上の化合物を≧40%の全体濃度で含み、式中のパラメータは請求項1において述べた意味を有することを特徴とする、正の誘電異方性を有する極性化合物の混合物を基礎とする液晶媒体、ならびにこの液晶媒体の、電気光学目的のための、ことに自動車用の照明装置のための液晶光バルブ中での使用、ならびにこの媒体を含む液晶光バルブ、ならびにこのような液晶光バルブを含む自動車用の照明装置に関する。

Inventors:
ミヒャエル ヴィテク
ダークマー クラス
Application Number:
JP2018521562A
Publication Date:
December 20, 2018
Filing Date:
October 05, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Merck Patent GmbH
International Classes:
C09K19/12; C09K19/30; C09K19/14; C09K19/16; C09K19/18; C09K19/20; C09K19/34; C09K19/42; G02F1/13; F21W107/10
Domestic Patent References:
JP2011510112A2011-03-31
JP2007186703A2007-07-26
JP2008156642A2008-07-10
JP2013250369A2013-12-12
Attorney, Agent or Firm:
アインゼル・フェリックス=ラインハルト
森田 拓
前川 純一
二宮 浩康
上島 類