Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
多入力多出力送信方式を使用するビームフォーミングトレーニング
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019507535
Kind Code:
A
Abstract:
本開示のある特定の態様は、多入力多出力(MIMO)送信方式を使用するビームフォーミングトレーニングに関する。本開示のある特定の態様は、ビームフォーミングトレーニングに関連付けられたフレームを生成するように構成された処理システムを一般的に含む装置を提供し、フレームは多入力多出力(MIMO)送信方式を使用してビームフォーミングトレーニングが実行されるべきかどうかのインジケーションを備える。装置はまた、送信のためにフレームを出力するように構成されたインターフェースを含み得る。【選択図】図7

Inventors:
Eitan, Alexander Petr
Sanderovic, Amichai
Busson, gal
Application Number:
JP2018536512A
Publication Date:
March 14, 2019
Filing Date:
December 15, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
QUALCOMM INCORPORATED
International Classes:
H04B7/06; H04B7/0452; H04B7/0456; H04W16/28; H04W28/06
Foreign References:
WO2014074894A12014-05-15
US20150244432A12015-08-27
Other References:
ABU-SURRA, SHADI(SAMSUNG): "NT-12-BF_BRP", IEEE 802.11-10/0450R0, JPN6019045002, 1 May 2010 (2010-05-01), pages 1 - 36, ISSN: 0004364666
GAL BASSON(WILOCITY): "BF Clarification DCN 6001", IEEE 802.11-12/0180R0, JPN6019045004, 25 January 2012 (2012-01-25), pages 1 - 7, ISSN: 0004364667
Attorney, Agent or Firm:
Kurata Masatoshi
Yoshihiro Fukuhara
Morisezo Iseki
Takashi Okada
Nakamaru Yoshihiro