Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
腫瘍浸潤制御性T細胞において選択的に脱制御されたマーカー
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019518452
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、腫瘍浸潤制御性T細胞において選択的に脱制御される多数のマーカーを開示する。本発明は、少なくとも1つのそのようなマーカーの発現及び/又は機能を調節することが出来る分子であって、腫瘍の阻止及び/又は処置における使用の為の当該分子に関する。好ましくは、該分子は、マーカーに特異的に結合し且つ抗体依存性の細胞介在性細胞傷害活性(ADCC)を誘発する。本発明はさらに、少なくとも1つのそのようなマーカーの発現及び/又は機能を調節することが出来る分子であって、対象者における腫瘍浸潤制御性T細胞をイン・ビボで枯渇させる為の方法において使用する為の、又は対象者における腫瘍免疫を高める為の方法において使用する為の当該分子に関する。対応する医薬組成物がまた企図される。【選択図】なし

Inventors:
アブリグナニ,セルジオ
パガーニ,マッシミリアーノ
Application Number:
JP2018560847A
Publication Date:
July 04, 2019
Filing Date:
May 15, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
チェックマブ エス.アール.エル.
International Classes:
C12N15/13; A61K31/7088; A61K31/713; A61K38/02; A61K39/395; A61K45/00; A61K45/06; A61K48/00; A61P35/00; A61P35/04; A61P37/04; A61P43/00; C07K16/32; C12N1/15; C12N1/19; C12N1/21; C12N5/10; C12N15/113; C12N15/12; C12N15/63
Other References:
THE JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, vol. 123, no. 6, JPN6021023219, 3 June 2013 (2013-06-03), pages 2447 - 2463, ISSN: 0004529704
INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, vol. 28, no. 8, JPN6021023216, 9 May 2016 (2016-05-09), pages 401 - 409, ISSN: 0004529705
CANCER IMMUNOL. RES., vol. 1, no. 1, JPN6021023214, 7 April 2013 (2013-04-07), pages 32 - 42, ISSN: 0004529706
HUMAN IMMUNOLOGY, vol. 77, JPN6021023213, 10 December 2015 (2015-12-10), pages 201 - 213, ISSN: 0004529707
Attorney, Agent or Firm:
松井 光夫
村上 博司