Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
光ファイバ通信システムにおける信号処理の方法およびデバイス
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019520770
Kind Code:
A
Abstract:
本開示の実施形態は、光ファイバ通信システムにおける信号処理の方法およびデバイスを提供する。この方法は、光ファイバ通信システムにおける複数の受信機のための電気信号を、複数のグループに分割し、複数のグループはおのおの、複数の受信機のうちの少なくとも1つに関連付けられることを備える。この方法は、時間領域において、複数のグループにおける電気信号を多重化することによって、時間領域多重化信号を取得することも備える。この方法は、時間領域多重化信号が、光ファイバ通信システムのための送信帯域幅のそれぞれのサブ帯域を占有するように、周波数領域において、複数のグループにおける時間領域多重化信号を多重化することも備える。この方法は、周波数領域多重化信号を、送信のためにアナログ光信号に変換することも備える。

Inventors:
Yeh, Chen Hoi
Wow, Shaoff On
Jean, Kaibin
Application Number:
JP2019500398A
Publication Date:
July 18, 2019
Filing Date:
March 13, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Alcatel-Lucent
International Classes:
H04J4/00; H04B10/272; H04L12/44
Domestic Patent References:
JP2014075751A2014-04-24
JP2011082908A2011-04-21
JP2015213227A2015-11-26
JP2016054412A2016-04-14
JP2014527356A2014-10-09
Other References:
XIANG LIU ET AL.: "CPRI-Compatible Efficient Mobile Fronthaul Transmission via Equalized TDMA Achiving 256 Gb/s CPRI-Eq", OPTICAL FIBER COMMUNICATION CONFERENCE 2016, JPN6020007363, March 2016 (2016-03-01), ISSN: 0004449605
JUNWEN ZHANG ET AL.: "Full-dulplex Asynchronous Quasi-Gapless Carrier-Aggregation using Filter-bank Multi-carrier in MMW R", OPTICAL FIBER COMMUNICATION CONFERENCE 2016, JPN6020007365, March 2016 (2016-03-01), ISSN: 0004449606
Attorney, Agent or Firm:
Kawaguchi International Patent Office