Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
深孔穿孔法、深孔穿孔機用工具、深孔穿孔機および遠心鋳造管
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019536640
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、管(104)の内面に沿ってらせん形に延在する少なくとも1つの凹部を有する内部成形部を備えた管(104)を製造する深孔穿孔法に関し、この深孔穿孔法では、深孔穿孔機(100)を用いて、長手方向軸線に沿って延在する基体と、基体の外周面に配置された少なくとも1つの刃とを有する工具(1)を、管(104)の内部を通して牽引するかまたは突き出すと同時に、工具(1)の長手方向軸線を中心として回転させ、その結果、刃は、管(104)の内面においてらせん形の切削線に沿って切削を実行する。

Inventors:
デトレフ ラットナー
Application Number:
JP2019520358A
Publication Date:
December 19, 2019
Filing Date:
October 26, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Schmidt + Clemens GmbH + Co. KG
International Classes:
B23D5/02; B23B5/48; B23B29/034; B23D13/00
Attorney, Agent or Firm:
アインゼル・フェリックス=ラインハルト
森田 拓
前川 純一
二宮 浩康
上島 類