Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
電流を放出するための放電装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2020522223
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】【解決手段】本発明は、機械のロータ部品、特にシャフトを伴って実現されるロータ部品から、機械のステータ部品へと電流を放出するための放電装置(10)であって、接点要素(12)と、支持体(13)と、スプリング機構(14)とを備え、支持体がステータ部品に導電態様で接続可能であり、接点要素が主にカーボンから形成され、接点要素が、軸方向に移動可能な態様で支持体上に受け入れられるとともに、支持体に導電態様で接続され、接点要素の摺接面(15)とシャフトの軸方向シャフト接触面(16)との間に導電性摺動接点(17)をもたらすべくスプリング機構によって接点要素に接触力を印加でき、前記摺接面が摺動接触をもたらすのに役立ち、接点要素がディスク形状を成し、摺接面が、少なくとも環状であるとともに、シャフト接触面に対して同軸的に配置可能である、放電装置(10)に関する。【選択図】 図1

Inventors:
Hoover, Florian
Application Number:
JP2019565950A
Publication Date:
July 27, 2020
Filing Date:
May 17, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Schunk Carbon Technology GmbH
International Classes:
H02K13/00; H01R39/27
Domestic Patent References:
JP2009148034A2009-07-02
JP2001305896A2001-11-02
JPS51133913U1976-10-28
Foreign References:
DE102015110428A12016-12-29
EP1136340A22001-09-26
DE10013491A12001-10-18
Attorney, Agent or Firm:
Ryo Matsushita
Koji Mizuno