Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
金属ワークピースのワークピース表面を走査する方法および装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2020524609
Kind Code:
A
Abstract:
金属ワークピース(2)のワークピース表面(2A)を走査する方法。溶接ワイヤ電極(4)を有するブロートーチ(3)をワークピース表面(2A)に対して移動させて走査値が決定され、金属ワークピース(2)のワークピース表面(2A)上の走査位置(P)において金属ワークピース(2)との接触が検出されるまで、溶接ワイヤ電極(4A)のワイヤ端部(4A)がワークピース表面(2A)に向かって反復して移動され、続いて、溶接ワイヤ電極(4)のワイヤ端部(4A)が戻るように移動され、走査測定値の誤差を決定するために、ブロートーチ(3)は、走査位置(P)において走査値(d)を少なくともいくつかのケースでは複数回検出する。

Inventors:
Meyer, Manuel
Waldhel, Andreas
Alter Smyr, Joseph
Sellinger, Dominique
Application Number:
JP2019571236A
Publication Date:
August 20, 2020
Filing Date:
June 22, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
FRONIUS INTERNATIONAL GMBH
International Classes:
B23K9/127; B23K9/12
Attorney, Agent or Firm:
Makoto Onda
Hironobu Onda
Atsushi Honda