Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
自由観察モードおよび制限観察モード用のスクリーン
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2020525972
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、自由観察モード用のB1と制限観察モード用のB2との少なくとも2つの動作モードで動作可能なスクリーン(1)用の照明装置に関する。照明装置は、制限された角度範囲内に光を出射する面状のバックライト(2)と、観察方向におけるバックライト(2)の前方に配置され、その主要面の少なくとも1つおよび/またはその内部空間に光取出し要素を含み、バックライト(2)から出射する光の少なくとも70%を透過させる板状の光導波路(3)と、光導波路(3)の側面の側方に配置された光源(4)とを有し、光取出し要素(6)の単位面積当たりの個数およびそれらの大きさに関して様々なパラメータが予め定められており、動作モードB2ではバックライト(2)が点灯するとともに光源(4)が消灯し、動作モードB1では少なくとも光源(4)が点灯する。透過型の画像生成部(5)との協働で、本発明の照明装置(1a)は上記の動作モードを可能にする有益なスクリーン(1)になる。

Inventors:
Andre Haver
Ube Schiller
Jürgen Black Forest
Ambrose Peter Nari
Marx Cripstein
Schepan Archimenko
Application Number:
JP2019565951A
Publication Date:
August 27, 2020
Filing Date:
June 28, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
SIOPTICA GMBH
International Classes:
F21S2/00; B60Q3/14; B60Q3/16; B60Q3/64
Domestic Patent References:
JP2017508265A2017-03-23
JP2008123925A2008-05-29
Foreign References:
WO2017089482A12017-06-01
KR20070034697A2007-03-29
Attorney, Agent or Firm:
Aoki Atsushi
Shinji Mitsuhashi
Tomohiro Nanzan
Akira Kawai
Tsutomu Kono
Ryoichi Hagiwara