Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ケーシングプリフォームを形成するための織繊維構造体
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2020533494
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、近位部分(110)と遠位部分(120)との間の所定の長さ(L100)にわたって、縦方向(X)において、及び第1の側部縁部(101)と第2の側部縁部(102)との間の所定の幅(l100)にわたって、横方向(Y)において延びる、バンドの形態を有する繊維構造体(100)に係わり、縦糸又はストランドの複数の層の間において三次元又は多層織りを有する、繊維構造体が縦方向に延びており、更に横糸又はストランドの複数の層が、横方向に延びる、繊維構造体(100)において、繊維構造体の近位部分(110)と中間部分との間に存在する、繊維構造体の第1の部分(P1)が、炭素繊維横糸又はストランドを具備しており、中間部分と遠位部分との間に存在する繊維構造体の第2の部分(P2)は、ガラス繊維横糸又はストランドを具備することを特徴とする。【選択図】図2

Inventors:
Song Yi Hong
Dominic marie christian kup
Martin Gabillon
Elve Gran
Jean-Noel Mahu
Sylvain Musiya
Loran Jose Jan Mortier
Frederik Raymon
Application Number:
JP2020512613A
Publication Date:
November 19, 2020
Filing Date:
August 29, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Saffron Aircraft Engines
International Classes:
D03D15/00; D03D1/00; D03D11/00; D03D25/00; F01D25/00; F01D25/24; F02C7/00
Domestic Patent References:
JPS60501074A1985-07-11
JP2016526116A2016-09-01
Attorney, Agent or Firm:
Atsushi Aoki
Shinji Mitsuhashi
Hirose Shigeki
Kentaro Ito