Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
敷物として利用可能な椅子の座部、当該座部を備えた椅子
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2021019771
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】椅子の座部としてだけでなく、敷物としても使用可能な座部を提供する。【解決手段】座部4は、座部本体41、42を備える。座部本体41は、座部フレーム3を取り付けるための凹部41bと、複数の座部4を連結させる連結部として機能する凹部41c、凹部41d、第三縦壁416X、及び第三縦壁416Yと、を備える。座部4は複数連結させることで敷物として利用可能である。【選択図】図4

Inventors:
Hitoshi Moriya
Application Number:
JP2019137494A
Publication Date:
February 18, 2021
Filing Date:
July 26, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Fujisawa Industry Co., Ltd.
International Classes:
A47C7/02; A47C5/10; A47C27/00
Attorney, Agent or Firm:
Hiroe Associates Patent Office
Hiroe Associates Patent Office
Hiroe Associates Patent Office
Hiroe Associates Patent Office