Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
キャリーバッグラック
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2021033653
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】構造の簡単なキャリーバッグラックの提供。【解決手段】1個の天板部2と1個の棚板部3とが上下に所定間隔で離されて平行に対向し、天板部2の四隅と4本の支柱4の上端部とが個別に結合され、棚板部3の四隅と4本の支柱4の中間部とが個別に結合されたことで、複数個の収容室5が左右及び上下に並んだ構成され、後側で左右に対峙する2本の支柱4の間には収容室5に収容されたキャリーバッグの後側への移動を阻止する横方向に延びる受止部材7が配置され、受止部材7の左右の端部が後側で左右に対峙する2本の支柱4に個別に結合され、収容室5を構成する部材に一端部を固定された索条13と、収容室5を構成する部材に固定されかつ索条13を施錠及び開錠するための錠前14とを備えている。【選択図】図1

Inventors:
Isao Tokuda
Application Number:
JP2019153305A
Publication Date:
March 01, 2021
Filing Date:
August 23, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Makoto Shoji Co., Ltd.
International Classes:
G07F17/10; A47B81/00
Attorney, Agent or Firm:
Keiko Marubayashi
Keisuke Marubayashi