Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
貯留槽
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2021054598
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】貯留槽内部での原料の閉塞事象を確実に検知して閉塞解除のための処置を速やかに実施できるようにする。【解決手段】バイオマス燃料貯留槽(貯留槽)に、投入されたバイオマス燃料(原料)を貯留し、底部2aに排出口2dが設けられた容器状の貯留槽本体と、底部2aにおける、排出口2dの上方に設けられ、バイオマス燃料を排出口2dへ掻き出す撹拌羽根6と、底部2aの内部で且つ撹拌羽根6の上方に設けられた機械式センサを含むフロースイッチ10とを設ける。このフロースイッチ10により、底部2aの内部でバイオマス燃料の閉塞状態を検知可能に構成する。【選択図】図1

Inventors:
Toshiyuki Osaka
Nobuhiro Hachimura
Atsushi Yoshikawa
Application Number:
JP2019179297A
Publication Date:
April 08, 2021
Filing Date:
September 30, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Kurimoto Iron Works Co., Ltd.
Yoshikawa Co., Ltd.
International Classes:
B65G65/48; B65D88/26; B65D88/68
Attorney, Agent or Firm:
Maeda patent office