Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
円管外径の研削装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2021091075
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】効率よく、低コストで円管外径の研削が行える装置を提供する。【解決手段】円管外径の研削装置は、伝動装置、研削装置、研削刃具、刃具固定装置、移動装置、管材固定装置、動力転向装置を含み、動力転向装置は筐体10と筐体の中に設けられた動力空間11とを含み、動力空間の左壁にはモータ12が固定され、モータには右方に延在するスプライン軸が伝動可能に連結され、動力空間の右壁には左方に延在するスプライン軸スリーブが回動可能に連結され、スプライン軸スリーブはスプライン軸と摺動可能に連結され、スプライン軸スリーブには第一駆動歯車15と第二駆動歯車が固定され、第一駆動歯車は第二駆動歯車の左方に位置している。【選択図】図1

Inventors:
Zhuyuan
Application Number:
JP2020071296A
Publication Date:
June 17, 2021
Filing Date:
April 10, 2020
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Zhu Xiaoho
International Classes:
B24B5/04; B24B41/06; B24B47/16
Attorney, Agent or Firm:
Kazuhisa Iwanaga