Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
冷間圧延ロールの評価方法および研削方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2021137837
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】圧延ロール表面の送りマークを定量的に評価できる評価基準を予め定め、当該評価基準を用いて研削後の圧延ロールの使用可否を評価する冷間圧延ロールの評価方法を提供する。【解決手段】回転する圧延ロール10の表面に回転する砥石20を接触させ、圧延ロールの軸方向に移動させて研削した冷間圧延ロールの評価方法であって、研削後の圧延ロールの表面軸方向のうねり値が、予め定められた表面軸方向のうねり値以下である場合に前記圧延ロールを冷間圧延に用いる。【選択図】図1

Inventors:
Norihiro Yamaji
Wataru Baba
Application Number:
JP2020037361A
Publication Date:
September 16, 2021
Filing Date:
March 05, 2020
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ThyssenKrupp Industrial Solutions AG
International Classes:
B21B28/02; B24B5/37; B24B49/10
Attorney, Agent or Firm:
Isomura Tetsuro
Akira Kumasaka
Tetsuya Sakai
Kazuhiro Mori