Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
研削加工不具合予知装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2021146489
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】研削加工中に被削材の表面粗さが悪化したり、形状崩れが発生したりすることが予測でき、研削歩留りを向上させることができる研削加工不具合予知装置を提供する。【解決手段】研削ホイール14の砥粒38の破砕に関連する第1周波数帯B1の第1信号強度SP1の変化、または、第1信号強度SP1と研削ホイール14の砥粒38と被削材44との接触により発生する摩擦振動或いは弾性振動に関連する第2周波数帯B2の第2信号強度SP2との信号強度比SR(=SP1/SP2)の変化に基づいて、研削加工中の加工不具合を予測する加工不具合予知部58を備えているので、研削加工中の被削材44の表面粗さの悪化に先立って、被削材44の研削加工中の加工不具合が予測できる。これにより、研削加工中の被削材44が不良品となることが低減されるので、研削歩留りが向上する。【選択図】図1

Inventors:
Fifty Satoshi
Tomomi Ohashi
Application Number:
JP2020051889A
Publication Date:
September 27, 2021
Filing Date:
March 23, 2020
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Noritake Company Limited
International Classes:
B24B49/10; B23Q17/09; B24B5/04
Attorney, Agent or Firm:
Haruyuki Ikeda
Kojiro Ikeda