Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
CRISPRエフェクター系に基づくマルチプレックス診断
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2021508460
Kind Code:
A
Abstract:
本明細書に開示された実施形態は、RNA標的化エフェクターを利用して、アトモル感度のCRISPRベースのロバストな診断を提供した。本明細書に開示されている実施形態は、DNA及びRNAの両方を、同等のレベルの感度で検出し得、かつ単一塩基対の相違に基づいて非標的から標的を識別し得る。さらに本明細書に開示される実施形態は、便利な分布およびポイントオブケア(POC)適用のために凍結乾燥形式で調製され得る。このような実施形態は、例えば、ウイルス検出、細菌株分類、高感度遺伝子型判定、及び疾患関連無細胞DNAの検出など、ヒトの健康における複数のシナリオで有用である。【選択図】図1

Inventors:
Chang Feng
Tsetse Bernd
Gutenberg Jonathan
Abdey Omar
Application Number:
JP2020534965A
Publication Date:
March 11, 2021
Filing Date:
December 20, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
The Broad Institute Incorporated
MASSACHUSETTS INSTITUTE OF TECHNOLOGY
President and Fellows of Harvard College
International Classes:
C12Q1/34; C12M1/00; C12N9/22; C12N15/11; C12Q1/37; C12Q1/6827; G01N33/50; G01N33/543; G01N33/68
Attorney, Agent or Firm:
Patent Service Corporation Patent Office Sykes