Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
表面及び空間LED殺菌照明装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2022047454
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】殺菌装置において異なる波長を持つ光を放出することにより、人体に危害を加えることなく、近接殺菌及び遠距離殺菌が効率良く行い、循環する空気中の細菌を殺菌して浄化できる表面及び空間LED殺菌照明装置を提供する。【解決手段】表面及び空間LED殺菌照明装置400は、上下部流通孔441を形成する透明内管420と、透明内管と一定の間隔を置いて形成されて二重管形状を持つ透明外管410を含む胴体、透明内管と透明外管が形成する空間の内部に備えられた基板と、基板の外表面に備えられた第1発光素子212及び第2発光素子214を有し、第1発光素子が放出する第1波長の光は、405nmの波長の可視光であり、第2発光素子が放出する第2波長の光は、400~500nmの範囲の波長を持つ短波長可視光であることを要旨とする。【選択図】図11

Inventors:
Gold court
Chung Naoho
Application Number:
JP2020160748A
Publication Date:
March 24, 2022
Filing Date:
September 25, 2020
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
PSYCURE CO., LTD.
International Classes:
A61L2/08; A61L2/10; A61L9/20
Domestic Patent References:
JP2019103747A2019-06-27
JP2018525067A2018-09-06
JP2013123027A2013-06-20
Foreign References:
US20180207302A12018-07-26
KR102080217B12020-02-21
US20170014538A12017-01-19
KR20200057399A2020-05-26
KR20190052915A2019-05-17
Attorney, Agent or Firm:
Nobuyuki Yamaguchi