Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
新規のADP-リボシルシクラーゼ及びその阻害剤
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2022540057
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、新規のADP-リボシルシクラーゼ又はその天然的に発生した変異体の発現抑制剤又は活性抑制剤を有効成分として含む、ADP-リボシルシクラーゼ媒介疾患の予防又は治療用薬剤学的組成物に関する。また、本発明は、前記ADP-リボシルシクラーゼ又はその天然的に発生した変異体の遺伝子発現レベルを測定する製剤又はタンパク質レベルを測定する製剤を含む、ADP-リボシルシクラーゼ媒介疾患の診断用組成物に関する。本発明の組成物は、アンジオテンシンIIによる新しいADP-リボシルシクラーゼの発現又は活性増加による腎臓細胞内カルシウム増加を抑制する効果があり、ADP-リボシルシクラーゼ媒介疾患、特に腎臓疾患の治療剤として有用に利用可能である。

Inventors:
Kim, Woohyun
Nam, Tae-sik
Application Number:
JP2021577918A
Publication Date:
September 14, 2022
Filing Date:
June 25, 2020
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Industrial Co-Operation Foundation Chonbuk National University
DNT Company, Limited
International Classes:
C12N15/55; A01K67/027; A23L33/10; A61K31/216; A61K31/517; A61K31/655; A61K31/7088; A61K31/7105; A61K31/711; A61K38/02; A61K39/395; A61K45/00; A61P3/10; A61P9/12; A61P13/12; A61P43/00; C12N5/10; C12N9/24; C12N15/113; C12N15/115; C12N15/13; C12N15/63; C12Q1/06
Attorney, Agent or Firm:
Patent business corporation HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK