Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
料金計算装置、料金計算システム、料金計算方法および料金計算プログラム
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2024014483
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】需給調整で発生した費用および系統内の混雑状態を解消させる処理で発生した費用の負担額を送配電事業者の顧客ごとに決定可能な料金計算装置を得ること。【解決手段】料金計算装置10は、需給調整の実績と、料金計算条件と、各需要バランシンググループの需要計画値および需要実績値と、各発電バランシンググループの発電計画値および発電実績値とに基づいて、需給調整料金を、需要バランシンググループの各々および発電バランシンググループの各々について個別に算出する需給調整料金決定部17と、混雑処理の実績と、系統接続情報と、料金計算条件と、各需要バランシンググループの需要計画値および需要実績値と、各発電バランシンググループの発電計画値および発電実績値とに基づいて、混雑処理料金を、需要バランシンググループの各々および発電バランシンググループの各々について個別に算出する混雑処理料金決定部18と、を備える。【選択図】図1

Inventors:
Ryunosuke Matsubara
Application Number:
JP2022117337A
Publication Date:
February 01, 2024
Filing Date:
July 22, 2022
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Mitsubishi Electric Corporation
International Classes:
G06Q50/06
Attorney, Agent or Firm:
Jun Takamura