Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
増殖性疾患で使用されるCD20及びCD22標的化抗原結合分子
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2024518369
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、それぞれCD20及びCD22に結合する第1及び第2のドメイン、ヒト及びマカク(Macaca)CD3ε鎖の細胞外エピトープに結合する第3のドメイン、並びに任意選択的な、Fc様式である第4のドメインを含むことを特徴とするCD20及びCD22標的化抗原結合分子を提供する。さらに、本発明は、この抗原結合分子をコードするポリヌクレオチド、このポリヌクレオチドを含むベクター、この抗原結合分子を発現する宿主細胞、及びこれを含む医薬組成物を提供する。

Inventors:
Panzer, Marc
horner, jonas
Dysting, Bibke
Raum, Tobias
Gartke, Lars
Lau, Doris
Winkel, Lisa
Application Number:
JP2023567186A
Publication Date:
May 01, 2024
Filing Date:
May 06, 2022
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Amgen Research (Munich) Gesellschaft mit Beschlenktel Hafzung
International Classes:
C12N15/13; A61K31/7088; A61K35/12; A61K35/76; A61K39/395; A61K48/00; A61P35/00; C07K16/28; C07K16/30; C07K16/46; C12N1/15; C12N1/19; C12N1/21; C12N5/10; C12N15/63; C12P21/08
Attorney, Agent or Firm:
Kawaguchi International Patent Office