Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
三輪車改装部材用締付構造
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3152232
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】オートバイクの主体にリア枠を快速で安定に固定することができ、オートバイクの主体とリア枠の結合の安定性が極めて良い三輪車改装部材用締付構造を提供する。【解決手段】主体10と、リア枠20と、翼形状補強片30と、を含む三輪車改装部材用締付構造において、前記主体は、第一突出ロッド11と、第二突出ロッド12と、第三突出ロッド13と、が上から下に配列され、前記リア枠は、拡張空間を有し、その両側にはサイド枠チューブ21がそれぞれ形成され、前記二つのサイド枠チューブの間には、前記二つのサイド枠チューブを連結する横チューブ22が多数設けられ、前記翼形状補強片は、より広い拡張空間を有するリア枠と、主体と、を連結するためのものであり、前記翼形状補強片に垂直するチューブ形状突起31を有し、前記チューブ形状突起は、前記主体の第二突出ロッドに嵌められるように、前記主体まで延長される。【選択図】図1

Inventors:
卓 日葵
Application Number:
JP2009003059U
Publication Date:
July 23, 2009
Filing Date:
May 12, 2009
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
祥發金屬工業股▲ふん▼有限公司
International Classes:
B62K5/06; B62K5/04; B62K13/04
Attorney, Agent or Firm:
田所 淳



 
Previous Patent: 気密缶

Next Patent: DATA TRANSMITTING METHOD