Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
車体フレーム
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3159225
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】用途に応じた柔軟な車輌生産を実現する車体フレームを提供する。【解決手段】二輪、三輪、四輪車等の車体フレームを分割し、ユニットとして組合せる。自動二輪車の車体フレームをフロント足回り部分でカットし、残り部分を車体本体の1ユニットとし、もう一方のフレームユニットを、四輪バギーの車体フレームをフロント足回り部分でカットして操舵部の1ユニットとし、これら2つのユニットをボルトオン又は溶接により組合せ、三輪車の車体フレームとする。車体フレームユニットの接続方法や位置、数量を自由に設定することにより、二輪の前部ユニットと四輪の後部ユニットを組合せて三輪車を構築するなど、ユニークなコミューターの構築が可能となる。【選択図】図6

Inventors:
荒木 美佐夫
Application Number:
JP2010001042U
Publication Date:
May 13, 2010
Filing Date:
February 19, 2010
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
荒木 美佐夫
International Classes:
B62K15/00; B62D21/12; B62K5/06; B62K13/04
Attorney, Agent or Firm:
相川 守



 
Previous Patent: ノート等の筆記用紙

Next Patent: THIN TYPE BATTERY