Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
感熱転写記録シートの構造
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3192847
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】基材が感熱転写インクを過度に吸収するのを防止し、優れた彩度及びグラデーションが得られる感熱転写記録シートの構造を提供する。【解決手段】感熱転写記録シートは、基材120、及び基材に設置される浸透用孔142を有する塗布層140を備える。塗布層は無機顔料、澱粉誘導体、ケイ素化合物、セルロース誘導体、及び高分子樹脂の混合構成の塗布溶液を含む。溶液が塗布されて乾燥した後、塗布層の無機顔料間の顆粒の隙間に浸透用孔が形成される。浸透用孔により塗布層及び基材に浸透される感熱転写インク160の一部が制限され、インクの付着力が増強される。また、インクの乾燥速度を維持させつつ、転写されるインクが不足する事態を回避する。【選択図】図3

Inventors:
Sho Japanese cedar
Chen Rong
Huang Meng Xin
Chou Jun Aki
Zhang
Application Number:
JP2014003312
Publication Date:
September 04, 2014
Filing Date:
June 24, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Cheng Loong Corp.
International Classes:
B41M5/382; B41M5/42
Attorney, Agent or Firm:
sk patent corporation
Akihiko Okuno
Hiroyuki Ito