Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
バックル
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3224759
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】異物が留まりにくく、使用者が紐体を視認しやすく、紐体を傷つけにくい紐体連結部を有するバックルを提供する。【解決手段】バックル10は、プラグ20とソケット30が分離可能に結合されるものである。プラグは、プラグ側連結部21と、プラグ側連結部から延出する一対の係合脚部23とを備える。ソケットは、紐体1を連結するための紐体連結部35と、一対の係合脚部を着脱自在に収容可能な収容部31とを備える。紐体連結部は、収容部から延出する一対の延出部36と、一対の延出部に設けた、紐体を通すための一対の貫通孔38と、一対の延出部間を連結し、一対の貫通孔間に通された紐体を支持させる支持部37と、一対の延出部間に設けられ、支持部に支持された紐体を視認可能な開口39とを備える。支持部は、紐体と対面する側の内側面に、一対の貫通孔間にわたる長手方向に延びる溝を有する。【選択図】図1

Inventors:
小林 由和
伊藤 直幸
Application Number:
JP2019004158U
Publication Date:
January 16, 2020
Filing Date:
October 31, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
YKK株式会社
International Classes:
A44B11/26; A44B11/24
Attorney, Agent or Firm:
アクシス国際特許業務法人



 
Previous Patent: アクセル安全制御装置

Next Patent: 小型飛行物体