Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
尿管ステント
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3226297
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】使用者が感じる刺激あるいは痛みの少ない尿管ステントを提供する。【解決手段】本体部および尾部を有する尿管ステント10が開示される。ステントの本体部11が、患者の腎臓に配置されることを意図した腎セクション13、患者の尿管の少なくとも一部に配置されることを意図した尿管セクション15、およびステントの本体部の近位端に配置される近位セクション16を有する。尾部は、患者の膀胱で終端することを意図した少なくとも1本の糸を有する。近位セクションの可撓性は、ステントの尿管領域の可撓性を上回る。【選択図】図1

Inventors:
セバスチャン スギー
トマ ベイユベール
ジャック ミレー
シャアバーヌ ブーゲララ
オリビエ シュアルシェ
Application Number:
JP2020000236U
Publication Date:
June 18, 2020
Filing Date:
January 24, 2020
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
コロプラスト アクティーゼルスカブ
International Classes:
A61F2/82; A61M25/00



 
Previous Patent: 攪拌工具

Next Patent: SOLDERING OF PRINTED WIRING BOARD