Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
液晶組成物及びそれを使用した液晶表示素子
Document Type and Number:
Japanese Patent JP5630587
Kind Code:
B1
Abstract:
本発明は液晶表示素子に使用する液晶組成物に関するものである。本発明が解決しようとする課題は、誘電率異方性、バルク粘度、ネマチック相上限温度、回転粘度γ1、電圧保持率等の液晶表示素子としての諸特性及び表示素子の焼き付き特性を悪化させること無く、製造時の滴下痕が発生し難く、ODF工程における安定した液晶材料の吐出量を実現し、低温での良好な溶解性を有する液晶表示素子に適する液晶組成物を提供し、併せてその液晶組成物を用いた液晶表示素子を提供をすることである。本発明は式(I)で表される化合物を含有し、一般式(II-1)で表される化合物を1種又は2種以上含有し、一般式(II-2)で表される化合物を1種又は2種以上含有する誘電率異方性が負の液晶組成物及び当該液晶組成物を用いた液晶表示素子に関するものである。

Inventors:
岩下 芳典
丹羽 雅裕
小川 真治
Application Number:
JP2013539030A
Publication Date:
November 26, 2014
Filing Date:
March 21, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
DIC株式会社
International Classes:
C09K19/30; C09K19/12; C09K19/34; C09K19/42; G02F1/13
Foreign References:
WO2011148928A12011-12-01
Attorney, Agent or Firm:
Michihiro Kono