Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
生体分子処理プラットフォーム及びその使用
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6388605
Kind Code:
B2
Abstract:
The present invention relates to a device comprising a biomolecular processor. Each biomolecular processor has one or more bioreactor chambers defined by a solid substrate; a support structure within each bioreactor; a cleaving enzyme immobilized to the support structure and operatively positioned within the bioreactor chamber to cleave monomer or multimer units of a biopolymer molecule operatively engaged by the cleaving enzyme; and one or more time-of-flight channels formed in the solid substrate and fluidically coupled to said one or more bioreactor chambers. Each of the time-of-flight channels have two or more sensors including at least (i) a first sensor contacting the time-of-flight channel proximate to the input end of the channel and (ii) a second sensor contacting the time-of-flight channel proximate to the output end of channel. The present invention further relates to methods of sequencing and identifying biopolymer molecules using the device.

Inventors:
ソーパー スティーブン エイ.
バラニー フランシス
グリルズ ジョージ
マッカーリー ロビン エル.
マッキニー コリン ジェイ.
モールドバン ドレル
マーフィー マイケル シー.
ニキトポウロス ディミトリス イー.
パク スンゴク
ポドラハ‐マーフィー エリザベス ジェイ.
Application Number:
JP2015557162A
Publication Date:
September 12, 2018
Filing Date:
February 10, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
コーネル ユニバーシティー
ボード オブ スーパーバイザーズ オブ ルイジアナ ステイト ユニバーシティー アンド アグリカルチュラル アンド メカニカル カレッジ
ユニバーシティ オブ ノース カロライナ アット チャペル ヒル
ノースイースタン ユニバーシティ
International Classes:
C12M1/00; C12N15/10; C12Q1/6869; G01N27/26; G01N27/62; G01N33/48; G01N33/483; G01N33/68; G01N37/00
Domestic Patent References:
JP2007044043A
Foreign References:
US20090023146
US20120129716
WO2005076837A1
WO2013012440A1
Attorney, Agent or Firm:
清水 初志
春名 雅夫
山口 裕孝
刑部 俊
井上 隆一
佐藤 利光
新見 浩一
小林 智彦
大関 雅人
五十嵐 義弘
川本 和弥