Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
真空バルブ
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6682057
Kind Code:
B1
Abstract:
電流遮断を繰り返し実行しても、絶縁筒体の電気的絶縁を維持することができる真空バルブを得る。真空バルブ(100)は、絶縁性であり筒状の絶縁筒体(1)と、この絶縁筒体の一方側端部を閉塞する可動側端板(2)と、この絶縁筒体の他方側端部を閉塞する固定側端板(3)と、可動側端板を貫通して配設された可動側通電軸(4)の先端部に設けられた可動側電極(6)と、固定側端板を貫通して配設された固定側通電軸(5)の先端部にこの可動側電極と相対向して設けられた固定側電極(7)と、この絶縁筒体の内面(1n)に配置される強磁性体(14b,14d)とを備える。さらに、この強磁性体は、この絶縁筒体の上記内面に対して法線方向の磁界成分を有する。

Inventors:
竹松 俊彦
道念 大樹
古賀 博美
糸谷 孝行
Application Number:
JP2020502508A
Publication Date:
April 15, 2020
Filing Date:
August 26, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
三菱電機株式会社
International Classes:
H01H33/662
Domestic Patent References:
JP479116A
JP2012164653A
JP2007188661A
JP2017174496A
Foreign References:
EP1760744A1
CN108320997A
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人深見特許事務所