Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
かつら用擬毛の製造方法及びかつら
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6682686
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】 ゆるやかな自然なウエーブを有する光ファイバからなるかつら用擬毛を損傷なく形成可能な製造方法、及びこのかつら用擬毛を用いたかつらを提供する。【解決手段】 変形可能な芯材50の周囲に樹脂製光ファイバPをらせん状に巻き付けて固定する第1の工程と、樹脂製光ファイバPが巻き付けられた芯材50を、内部温度が70℃以上90℃以下の筐体60内に所定時間保持して加温する第2の工程と、加温された樹脂製光ファイバPを冷却して、芯材50から取り外す第3の工程と、を含む光ファイバPからなるかつら用擬毛の製造方法及びびこのかつら用擬毛を用いたかつらを提供する。【選択図】 図1B

Inventors:
富岡 克之
Application Number:
JP2019142994A
Publication Date:
April 15, 2020
Filing Date:
August 02, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
株式会社アデランス
International Classes:
A41G3/00; F21L4/00; F21S2/00; F21V8/00
Domestic Patent References:
JP2001248009A
JP2007190870A
JP2019037355A
JP2001226812A
JP2000156101A
JP2003317516A
JP2018084465A
Foreign References:
WO2012157561A1
US20180074246
Attorney, Agent or Firm:
山尾 憲人
柳橋 泰雄