Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
乾海苔供給装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6739812
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】乾海苔供給コンベヤに乾海苔吸着手段を設けることなく乾海苔吸引ボックスから乾海苔を乾海苔供給コンベヤ上へ確実に送り込むことができる簡単な構造の乾海苔供給装置を提供。【解決手段】乾海苔を乾海苔製造ラインへ供給する乾海苔供給装置1において乾海苔収納装置2の下部の両側には、閉じて乾海苔を支持し、開いて乾海苔を取り出可能にする開閉フラップが設けられ、乾海苔取り出し装置3は、揺動フレーム7に乾海苔収納装置2に収納された最下位の乾海苔を吸引する吸引孔13を上面及び側面に有する乾海苔吸引ボックス8と、乾海苔吸引ボックス8の周囲を周回する乾海苔送り出しベルトコンベヤ9が支持され、乾海苔送り出しベルトコンベヤのベルトは吸引孔が形成されるとともに乾海苔吸引ボックス8上面を移動可能に設けられ、揺動フレーム7は、乾海苔吸引ボックス8の乾海苔出側が記乾海苔搬送コンベヤ4の入り側まで下降可能に乾海苔搬送コンベヤ4の反対側が回動可能に軸支されて揺動可能である乾海苔供給装置。【選択図】図1

Inventors:
Hidenori Tanaka
Yoshimaru Ikuro
Yoshimaru Taiji
Application Number:
JP2019081296A
Publication Date:
August 12, 2020
Filing Date:
April 22, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Nishihatsu Industry Co., Ltd.
International Classes:
A23L17/60; B65G15/58; B65G59/06
Domestic Patent References:
JP2007269427A
JP2008100842A
JP2018079963A
JP50135261A
Attorney, Agent or Firm:
Eiwa patent office