Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
木材の曲型加工過程において曲面度数を調節できる設備
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6784877
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】本発明は木材の曲型加工過程において曲面度数を調節できる設備を提供する。【解決手段】加工台11を含み、加工台11の上端には鉛直板29が設置され、鉛直板29の上端にはレール板27が固定的に設置され、レール板27の中には左右対称のスライド道28が連通するように設置され、スライド道28の中には可変レール装置901が設置され、可変レール装置901はスライド道28の中にスライド可能に連結された挟持アーム25と、挟持アーム25に設置された調整溝35と、調整溝35の中にスライド可能に連結された固定ピン34と、固定ピン34に回転可能に連結された弾性制限棒33とを含み、弾性制限棒33が挟持アーム25により左右に移動して折れて挟持アーム25により上下に移動して刃部分の進入深度を調整することができる。【選択図】図1

Inventors:
Chen Saibashi
Application Number:
JP2019143241A
Publication Date:
November 18, 2020
Filing Date:
August 02, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Zhejiang Chirui Technology Group Co., Ltd.
International Classes:
B27C7/00; B27C9/02; B27G13/12; B27M1/00
Domestic Patent References:
JP4615278B1
JP7214510A
JP59167203A
JP5019799B1
JP569405A
JP9164504A
Foreign References:
CN108908529A
Attorney, Agent or Firm:
Zhou Shiwen