Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
自動パッケージ登録機構および最小実行可能領域検出を備えたロボットシステム
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6820044
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】撮影された物体の物理的特性の正確な識別に失敗することに起因して、ロボットシステムが停止したり、パッケージの取り扱いを誤ったりすることを防止する。【解決手段】本開示は、物体の検証された最小実行可能領域(MVR)を生成する方法およびシステムに関する。物体の露出した外側角部および露出した辺が、1つまたは複数の画像データを処理することによって識別されてよい。最初のMVRは、露出した辺に対向する反対側の平行な辺を識別することによって生成されてよい。最初のMVRは、調整されてよく、調整された結果は、テストされて、検証されたMVRを生成してよい。【選択図】図9

More Like This:
Inventors:
You, Jins
Rodriguez, Jose Geronimo Moreira
Deankou, Rosen Nikolaev
Youth, stadium
Application Number:
JP2020514759A
Publication Date:
January 27, 2021
Filing Date:
October 29, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Mujin inc.
International Classes:
B65G59/02; B25J13/08; G01B11/00; G06T7/00
Domestic Patent References:
JP2019509559A
JP2019136828A
JP6461712B2
JP6486114B2
JP7291450A
Attorney, Agent or Firm:
Yoshiyuki Inaba
Toshifumi Onuki
Akihiko Eguchi
Kazuhiko Naito
Takashi Nakatsuka